Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

綾野剛がひどく怯え、柄本明は激昂 『楽園』新場面写真公開

リアルサウンド

19/8/14(水) 18:00

 10月18日に公開される映画『楽園』より、新場面写真が公開された。

【写真】激昂する柄本明

 本作は、ベストセラー作家・吉田修一の最高傑作と評される『犯罪小説集』を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が映画化したヒューマンサスペンス。12年前に起きた幼女誘拐事件をきっかけに、被害者の親友だった少女・紡、容疑者の青年・豪士、限界集落で暮らす男・善次郎、それぞれの人生が交錯していく模様を描く。主人公・豪士を綾野剛、紡を杉咲花、善次郎を佐藤浩市が演じる。

 このたび公開された場面写真には、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣、柄本明らの登場シーンが収められている。村上が演じるのは、紡に思いを寄せる幼なじみの野上広呂。片岡は同じ集落に住む善次郎の身を案じる黒塚久子を演じており、彼女自身も事件の渦中に巻き込まれマスコミに囲まれている姿が写し出されている。

 また、黒沢は豪士の母親・中村洋子、石橋は善次郎の亡き妻・田中紀子を演じている。善次郎に押さえられながら何かを叫ぶ洋子の姿と、優しい微笑を見せる紀子の透明感あふれる写真となっている。

 そして、Y字路で失踪した少女の祖父・藤木五郎を演じた柄本の激昂している表情、電話を受ける五郎の妻・朝子(根岸季衣)が不安で曇った表情を見せている。さらにひどく怯えた様子の豪士、村の人には言えない秘密を抱えながらも村の行事に参加している紡、不遇の中でも安らぎのひと時を愛犬・レオと過ごす善次郎の姿が収められている。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む