Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

高橋克実と吉川愛、『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』の『アップデート家族』で親子役に

リアルサウンド

20/10/29(木) 6:00

 11月14日の21時からフジテレビ系土曜プレミアムで放送される『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』。本シリーズ3度目の主演を務める高橋克実の『アップデート家族』に、吉川愛が出演することが発表された。

 おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ『世にも奇妙な物語』。最新作となる『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』では、高橋のほか、広瀬すず、濱田岳、大竹しのぶの4人が主演を務める。

 チョモランマ服部による同名原作を映像化した本作は、祖父母と子供、三世代で暮らす黒崎家を舞台に描かれる。高橋が演じる黒崎家の父・黒崎睦夫は、うだつのあがらないサラリーマンで、妻・洋子には給料が上がらないと邪険にされ、娘の夏海には相手にもされていない。「このままではいけない」と考えていた矢先、睦夫は「ファミリーアップデーター」という新製品の広告を目にする。そしてその晩、夏海が帰宅すると家の様子がどこか妙で、睦夫が現れ「家族をアップデートして効率化を図ることにした」と言い始める……。

 哀愁漂う中年男性・睦夫の役を高橋が演じ、父・睦夫を毛嫌いする、今どきの高校生の娘・夏海役を吉川が務める。

 『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』は、すでに発表されている広瀬主演の『イマジナリーフレンド』、濱田主演の『コインランドリー』を含めた4つのエピソードで展開する。

高橋克実 コメント

出演が決まった感想

“久しぶりだな”というひと言でした。ただ、尺を聞いて“そんなに短いの?”とびっくりしました。

脚本を読んだ感想

最初に読んだときは、めちゃくちゃ面白かったです。ただ、何度か読んでいくうちになんだか怖く感じる部分が出てきて、どうやって<睦夫>を演じたら良いのかなと考えました。短い間にいろいろなことを考えさせられる、今というものをとても象徴している物語だと思いました。

自身の生活の中でアップデートするとしたら?

アップデートといえば、スマホでも時々“アップデートしてください”っていう表示がでるけど、世代的にちょっとついて行けてない。人間が周りのものを新しくしたいと思う気持ちはわかるんだけど、年齢的に“このくらいで良いだろう”と思っちゃう。例えば移動一つとっても、スピードが速いのは便利だし、良いことだと思うけど、鈍行に乗って、“この町はこんななんだな~”とか感じながら移動するのもいいのかな~なんて思っちゃうね。

現代の科学では説明できない現象を信じるか

それはありますね。実際不思議な現象が自分自身に起こったことも過去に何回かあったので。例えば、酔いつぶれて寝ていたのに、母がちょうど亡くなった時間に偶然目を覚ましたりとか、きっとこれは母に起こされたんだなと思ったのを今でも覚えています。たまたまかもしれませんが、そういうことはあるな、と思います。

視聴者にメッセージ

便利になることが全てではないという、警鐘みたいなものにこのドラマがなれば良いなと思います。ドラマってどんな作品も、とらえ方によって見方はさまざまだと思いますが、例えば励みになったり、少しでも気持ちを動かすことができればうれしいと思います。

編成企画:渡辺恒也(フジテレビ編成部)コメント

“ファミリーアップデーター”なる奇妙なマシンを手にした一家が、効率化を目的に次々とアップデートされていくというお話なのですが、“そんなアップデートの仕方ってあり?!!”と突っ込みを入れたくなるような展開の連続で、いい意味でバカバカしく笑える一作になっています。『効率化』という言葉の持つ冷たい響きと、血のつながった家族同士のやり取りとのギャップが、“現代人は何か間違った選択をしているのではないか?”ということを突き付けられているかのような、浅いようでいて実は深いような独特の世界観でお届けしたいと思います。シンプルな笑いの積み重ねと、狙いすました短編ならではのキレを、楽しんでいただけたらと思います!

■放送情報
土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』
フジテレビ系にて、11月14日(土)21:00~23:10放送
ストーリーテラー:タモリ

『アップデート家族』
出演:高橋克実、吉川愛ほか
原作:『アップデート家族』チョモランマ服部(集英社『ジャンプルーキー!』)
脚本:向田邦彦
演出:北坊信一

『コインランドリー』
出演:濱田岳、岡崎紗絵、コロッケほか
原作:『ロッカールーム』鈴木祐斗(集英社『少年ジャンプ+』掲載)
脚本:遠山絵梨香
演出:松木創

『イマジナリーフレンド』
出演:広瀬すず、堀内敬子、岐洲匠、横田真悠、夏子ほか
脚本:荒木哉仁
演出:植田泰史

編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
プロデュース:小林宙、中村亮太
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ
(c)フジテレビ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む