Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

『コンフィデンスマンJP』続編映画の公開日決定 長澤まさみ「贅沢な映画」

CINRA.NET

19/11/11(月) 12:00

映画『コンフィデンスマンJP(仮題)』の公開日が2020年5月1日に決定。出演者の長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のコメントが公開された。

古沢良太脚本のドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画版第2弾となる同作。ドラマ版に引き続き、主人公の天才詐欺師・ダー子役を長澤まさみ、ボクちゃん役を東出昌大、リチャード役を小日向文世が演じる。監督は田中亮が続投。

『コンフィデンスマンJP(仮題)』の撮影はマレーシアのランカウイ島で行なわれ、すでにクランクアップを迎えた。現場は強い日差しや突然のスコールなど過酷な一面もあったとのこと。

長澤まさみは「『この人も出るの?』『あ、あの人も!』というような、バラエティに富んだ豪華なゲストが勢揃いしています。こんな贅沢な映画、他に無いんじゃないかなと思っています。今回は『大物を釣り上げる!』というテーマなので、それにふさわしい風景やシチュエーションが揃っています」とコメント。

東出昌大は「前作よりもスケールアップしています! 大きな会場、豪華な出演者、マレーシアじゃないと撮れないシーンがたくさんあったと思います」、小日向文世は「白い砂浜、青い海、そしてそれと対比するように、泥のように眠ってしまいそうなスタッフ!(笑) スタッフの皆さんは本当に大変だったと思います。心からお疲れさまでした」と述懐している。

映画のあらすじやそのほかの出演者は後日発表される。

長澤まさみのコメント

タイトなスケジュールの中での撮影でしたが、ドラマと映画で培ってきたチームワークと結束力で皆んな一緒に乗り切っていただいたことを、本当に感謝しています。
「この人も出るの?」「あ、あの人も!」というような、バラエティに富んだ豪華なゲストが勢揃いしています。
こんな贅沢な映画、他に無いんじゃないかなと思っています。
今回は「大物を釣り上げる!」というテーマなので、それにふさわしい風景やシチュエーションが揃っています。
とにかく、景色がどこを見ても絵になり、見ごたえがある映画になっていると思いますので、映画の完成を楽しみにしていてください。

東出昌大のコメント

前作よりもスケールアップしています! 大きな会場、豪華な出演者、マレーシアじゃないと撮れないシーンがたくさんあったと思います。
暑い中、スタッフの皆さんと素敵な仕事を一緒に出来て、大変想い出深いです。きつかったけど、この日々を誇りに思います。

小日向文世のコメント

滅多に入れない場所を貸し切ったりなど、本当に凄い撮影の日々でした。ランカウイ島に入った時に目に入ってきた白い砂浜、青い海、そしてそれと対比するように、泥のように眠ってしまいそうなスタッフ!(笑) スタッフの皆さんは本当に大変だったと思います。心からお疲れさまでした。

アプリで読む