Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第72回カンヌ国際映画祭に出席したヴァレリー・パフナー(左)とアウグスト・ディール(右)。(写真提供:Dave Bedrosian / Geisler-Fotopress / picture alliance / Geisler-Fotop / Newscom / ゼータ イメージ)

テレンス・マリックがナチスに抵抗した殉教者描く「A Hidden Life」海外版予告

ナタリー

19/8/14(水) 15:03

「天国の日々」「ツリー・オブ・ライフ」で知られるテレンス・マリックが監督、脚本を担った最新作「A Hidden Life(原題)」の海外版予告がYouTubeで公開された。

第2次世界大戦時、ナチスの徴兵に逆らって投獄・処刑された聖フランツ・ヤゲルシタッターの実話をもとにした本作。友人やカトリック教会がナチス翼賛に傾いていく中、従軍を拒否したフランツの揺るぎない信仰と家族への愛が活写される。

「マルクス・エンゲルス」のアウグスト・ディールがフランツを演じた。そのほかヴァレリー・パフナー、マリア・シモン、トビアス・モレッティ、ブルーノ・ガンツ、マティアス・スーナールツ、カリン・ノイハウザー、ウルリッヒ・マテスがキャストに名を連ねている。

「A Hidden Life」は第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でワールドプレミアが行われた。トロント国際映画祭に出品されることも決まっている。12月13日より全米公開。日本公開は現状未定だ。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

アプリで読む