Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ふぉ~ゆ~、“幻のジャニーズ”としてテレビ出演 辰巳雄大「バックについたことない先輩はいない」

リアルサウンド

19/6/26(水) 12:20

 東野幸治と渡辺直美がMCを務めるバラエティ『その他の人に会ってみた』(TBS系)。6月25日放送回では、グループを組んだがデビューしていない幻のジャニーズとしてふぉ~ゆ~が登場した。

(参考:ふぉ~ゆ~、『しゃべくり007』出演で花咲くか? 隠れた人気ジャニーズの“愛され力”を探る

 本番組は、アンケート調査や統計で「その他」に含まれるような王道の選択をしなかった異色の経歴の持ち主にスポットライトを当てて紹介するというもの。今回はふぉ~ゆ~の結成から現在に至るまでの経歴をたどることに。

 44年前に設立され、400人を超えるタレントが所属するジャニーズ事務所。その内訳は78%がジュニア、18%が嵐やTOKIOなどのCDデビューできるグループ、3%が風間俊介や生田斗真のように役者として活躍するタレントだ。そのどこにも属していない1%の枠がふぉ~ゆ~だ。

 21年前に所属した彼らのことを、同期のA.B.C-Z・戸塚祥太は「ムードメーカーで歌も歌えて、お芝居やドラマにも出演していて(同期の)中心にいる」と高く評価。KinKi Kids・堂本光一も「彼らが番組に出演していることが嬉しい」「みなさんが知らない魅力がたくさんあって、舞台上の彼らは本当にかっこいい」と、何度も「かっこいい」と繰り返し、大絶賛していた。

 今でこそ同期や先輩の信頼を得ている彼らだが、グループ結成までは苦悩の連続だった。ジャニーズ事務所は2~3年ごとにジャニー喜多川自らグループを決定するのだが、中学生から24歳までの間、嵐、NEWS、Hey! Say! JUMPと次々にデビューしていき、気づけば周りは年下ばかりに。そこで断られたら辞めるつもりで直談判をしにいくことに。すると意外にもすんなりOKをもらい、晴れてグループ結成となった。

 現在彼らは先輩の舞台の裏方などを中心に活動。堂本光一の舞台でこっそりハーネスをつけるのもお手の物だ。辰巳雄大は「バックについたことないジャニーズの先輩はいない」と語り、近藤真彦から直接指名をもらったことがあることも明かした。

 未だCDデビューはしていない彼らだが、4人が主演の舞台が決定。18日間、27公演全て即完売となるほどの人気ぶりだ。顔合わせの際に辰巳は「顔合わせって初めて会うじゃないですか、服装とかすごい見られるからキチッとしてこようかと思ったら横に大学生がいたんですよ」と松崎祐介の服装をいじる一幕も。

 その後スタジオで彼らは「ここでやりたいことがある」と渡辺直美のビヨンセのバックダンサーを即興で行うことに。渡辺が「誰かと合わせたことなんて一度も……」と戸惑うと、福田は「普段のパフォーマンスに僕らが合わせます!」と即興とは思えない息ぴったりのパフォーマンスを披露した。

 ハライチ・澤部佑が「今まで1回もデビューのチャンスはなかったんですか?」と尋ねると、辰巳は「実は僕と越岡(裕貴)はA.B.C-Zの初期メンバーで、そのまま所属していたらデビューしていたかもしれないです」と明かす。さらに、東野幸治が「なんでそこに入ってないの?」と問いかけると、「それは僕たちも聞きたいっす」と答えスタジオを沸かせた。

 次回は7月9日オンエア予定だ。

(向原康太)

※記事初出時、一部内容に誤りがございました。訂正の上、お詫びいたします。

アプリで読む