Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ゆうめい「姿」より。(撮影:佐々木啓太)

ゆうめい「姿」開幕、池田亮「さまざまななんでに答えながら発表します」

19/10/4(金) 10:07

ゆうめい「姿」が本日10月4日に開幕する。

本作は、「MITAKA “Next” Selection 20th」の参加作品。作・演出を手がける池田亮の実話がもとになっている。開幕に際し、池田は「さまざまななんでに、いろいろ答えながら舞台をする、というより発表をします」と言い、「出演してくださる父、母、話を聞かせていただいた方々をはじめ、お会いした時から何度も心を動かし続けてくださる俳優とスタッフの方々に出会えたこと、感謝申し上げます」とコメントしている。

出演者にはニッポンの河川の森谷ふみ、高野ゆらこ、ままごとの石倉来輝、黒澤多生、エンニュイの児玉磨利、天ぷら銀河の中村亮太、矢野昌幸、田中祐希、小松大二郎、そして池田の実父である五島ケンノ介が名を連ねている。

上演時間は約2時間。公演は10月14日まで、東京・三鷹市芸術文化センター 星のホールにて。

池田亮コメント

「なんで実際の父親を出演させるのか」
「なんで父親の息子が作・演出をするのか」
「なんで今この場所でこの公演をやるのか」
というさまざまななんでに、いろいろ答えながら舞台をする、というより発表をします。

2019年10月4日~14日は、自分を虜にしたNetflixよりも優先して皆様が星のホールへ観に来ていただけることを意識しながら、東京都の公共でしかできないこと(自分たちも分からない様々な意味で)を沢山楽しんでもらえるよう作りました。

出演してくださる父、母、話を聞かせていただいた方々をはじめ、お会いした時から何度も心を動かし続けてくださる俳優とスタッフの方々に出会えたこと、感謝申し上げます。

どうかよろしくお願いいたします。
三鷹にて心よりお待ちしております。

ゆうめい「姿」

2019年10月4日(金)~14日(月・祝)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出:池田亮
出演:森谷ふみ、高野ゆらこ、五島ケンノ介、石倉来輝、黒澤多生、児玉磨利、中村亮太、矢野昌幸、田中祐希、小松大二郎

アプリで読む