Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©今野 敏/©2019 映画「任侠学園」製作委員会

西島秀俊×西田敏行が昔気質のヤクザに 今野敏の小説『任侠学園』映画化

CINRA.NET

19/1/25(金) 6:00

映画『任侠学園』が今秋に全国公開される。

同作は、昔気質のヤクザが義理と人情を武器に倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる今野敏の小説『任侠』シリーズから『任侠学園』を実写映画化するもの。経営不振の仁徳京和学園高校を建て直すために阿岐本組が新たな理事として就任し、彼らの義理人情の正義を貫く姿によって次第に空気が変わっていくが、学校乗っ取りを図る大人たちによる罠が仕掛けられるというあらすじだ。

真面目すぎるために時に空回ってしまう阿岐本組ナンバー2の日村役に西島秀俊、阿岐本組の組長役に西田敏行がキャスティング。西島と西田のダブル主演となる。メガホンを取ったのはドラマ『ATARU』『民王』『99.9 -刑事専門弁護士-』などの木村ひさし。

西島は「念願の親分役、西田敏行さんの怒涛のアドリブに日々応え続けた素晴らしい共演者の皆さんのキレッキレの名演。平成から新しい時代へ変わる節目の年、笑って泣ける世直しエンターテインメントを是非劇場でお楽しみください」、西田は「この映画は今の時代にとって、とても画期的な作品になりそうでワクワクしています。本作で生きるヤクザたちが示す、『お互いを愛し合い、見つめ合い、そして理解し合う』というある種の一本筋を通すという“任侠道”は、万国共通の人々が幸せになるための一本の道だと思います」とそれぞれコメントを寄せている。

西島秀俊のコメント

本作はこれまでのキャリアの中で大きな意味を持つ作品の一つになると確信しています。日村という役は今まで演じたことのない、全く新しいキャラクターです。何が正しく何が間違っているのか、誰もが迷うこんな時代だからこそ、“昔気質”の真っ直ぐ過ぎる日村のような男が新たな道を切り開いてくれるのではないでしょうか。念願の親分役、西田敏行さんの怒涛のアドリブに日々応え続けた素晴らしい共演者の皆さんのキレッキレの名演。平成から新しい時代へ変わる節目の年、笑って泣ける世直しエンターテインメントを是非劇場でお楽しみください。

西田敏行のコメント

この映画は今の時代にとって、とても画期的な作品になりそうでワクワクしています。本作で生きるヤクザたちが示す、「お互いを愛し合い、見つめ合い、そして理解し合う」というある種の一本筋を通すという“任侠道”は、万国共通の人々が幸せになるための一本の道だと思います。この映画が、今悩んだり、くすぶっている皆さんを勇気づけるエネルギーとなるような作品になれば嬉しいです。

木村ひさし監督のコメント

かんばんは。木村ひさしです。今では絶滅危惧作品と言える程、観る機会が減った“ヤクザ”映画。フィクションである映画の中のヤクザな人たちは悪いヤツらもいれば、義理人情に厚い、人間味のある人たちも多く描かれていました。人付き合いが薄くなった現代社会にタイムスリップしたかの様な阿岐本組が、今の世の中で何が出来るのか?楽しんでいただければと思っています。

今野敏のコメント

主人公が主人公だけに、映像化はないものと思っていました。こうして映画にしてもらえたのは感激です。また、西島秀俊さんと西田敏行さんのダブル主演と聞き、とてもうれしく思いました。一日だけ撮影の様子を見学させていただきましたが、阿岐本親分が現場に入るだけでぴりっと緊張感が走るのが印象的でした。親分、本当に怖かった。きっと私の想像をはるかに超えた映画になると信じています。

アプリで読む