Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「再会の夏」ポスタービジュアル

フランス版忠犬物語、ジャン・ベッケルが第1次世界大戦後描く「再会の夏」12月公開

ナタリー

19/9/6(金) 11:00

ジャン・ベッケルが監督を務めた「再会の夏」が、12月13日に東京・シネスイッチ銀座ほか全国で公開される。

国境なき医師団の創設者の1人であるジャン=クリストフ・リュファンによる歴史小説を原作とした本作。1919年、第1次世界大戦後のフランスを舞台に、美しい田舎で主人を待ち続ける犬を通して戦争の傷、愛、そして信頼が描かれる。

「最強のふたり」のフランソワ・クリュゼが軍判事のランティエ少佐、「ダリダ~あまい囁き~」のニコラ・デュヴォシェルが武勲を挙げながらも留置所に収容されているジャック・モルラックに扮した。物語の鍵を握る犬はボースロン犬のイェーガーが演じている。ベッケルはこの撮影を通じてボースロン犬の魅力の虜となり、撮影後に家族として迎えようとしたほどだったという。

(c)ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA - UMEDIA

アプリで読む