Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

観音菩薩像(阿弥陀三尊来迎図 部分)  日本・鎌倉時代 14世紀 根津美術館蔵

多様な「ほとけ」の表情を読み解く 『優しいほとけ・怖いほとけ』展、開幕

ぴあ

19/7/25(木) 0:00

飛鳥時代から江戸時代に至る仏教絵画・彫刻の優品約35件を展示し、ほとけの表情とその意味を考える展覧会『優しいほとけ・怖いほとけ』。根津美術館にて、7月25日(木)から8月25日(日)まで開催される。

「ほとけ」といえば、慈悲に満ちた柔和な表情の「ほとけ」を思い浮かべるが、目を見開いて周囲を威嚇したり、髪を逆立てて悪を打ち砕く「ほとけ」もいる。

同展では、そんな「ほとけ」の表情に注目。絵画や彫刻で表されたほとけを、「優しいほとけ」「厳しいほとけ」「怖いほとけ」の3つのタイプに分け、そこにどんな意味や役割があったのかを読み解いていく。

「優しいほとけ」では、伏し目がちの表情で静かに座り、おごそかな雰囲気を漂わせている「如来」や、尊い教えを人々に伝え、苦難から救い、福楽を与える「菩薩」が並ぶ。

菩薩立像(部分) 日本・平安時代 12世紀 根津美術館蔵

「厳しいほとけ」では、甲冑に身を包んだ武将の姿で周囲に睨みを効かせる「天」を紹介。四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)に代表される、厳しい眼差しに注目したい。

重要美術品 毘沙門天図像(部分) 日本・平安時代 12世紀 根津美術館蔵

そして、「怖いほとけ」では、たくさんの目、顔、腕をもち、さまざまな武器で教えに従わない者を屈服させ、敵を調伏する「明王」を紹介。怒りに髪を逆立たせたり、絶大な破壊力で悪を打ち砕いたりする愛染明王や金剛夜叉明王像など、迫力の表情が見てとれる。

愛染明王坐像(部分) 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵
重要美術品 金剛夜叉明王像(部分) 五大尊像のうち 日本・鎌倉時代 13世紀 根津美術館蔵

現世での健やかな人生を願う人々の深い信仰心から生まれた、多様なほとけの姿を、じっくり味わってほしい。

【関連リンク】根津美術館

アプリで読む