Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

高く飛び上がるいち・もく・さん・くぼた(中央)。

“史上もっともハード”なノーセンスでくぼた優勝、加速するクロちゃんの狂気に勝利

ナタリー

19/8/27(火) 10:47

昨日8月26日、東京・松竹芸能 新宿角座にて「ノーセンスユニークボケ王決定戦」が開催され、いち・もく・さん・くぼたが優勝した。

「おしゃれな笑いができない」「ボケたいときにひたすらボケる」という芸人たちが、自らのノーセンスぶりを競う「ノーセンスユニークボケ王決定戦」。昨日はみなみかわによるMCのもと、いち・もく・さん・くぼた、オジンオズボーン篠宮、永野、流れ星ちゅうえい、新宿カウボーイかねきよ、サンシャイン池崎、虹の黄昏・かまぼこ体育館、ランジャタイ国崎、安田大サーカス・クロちゃんが自由なボケで競い合った。

オープニングでは、かねきよが布団ばさみを耳から下げて「どうも、CHEMISTRYです!」と挨拶したことをきっかけに、布団ばさみを使ったモノボケ合戦がスタート。かまぼこ体育館だけは「布団ばさみを使う」という暗黙の了解すら無視してボケ続けたため、永野から「お前何個やんねん! 雑音フェティッシュ(げんしじん事務所のライブ)ちゃうねん!」と注意を受けてしまう。かまぼこ体育館はそれでもめげずに「もしかして、これM-1決勝なんじゃないですか? そんな気がしません!?」と発言。ちゅうえいが「M-1グランプリ」の出囃子としておなじみのファットボーイ・スリム「Because We Can」を口ずさむと、かまぼこ体育館はクロちゃんを誘って謎のダンスを披露する。いきなり巻き込まれたクロちゃんは「このライブのこと本当によくわかってないから! なんなのこれ! ルールとかないの!?」と戸惑っていた。

最初のコーナーは、霜降り明星・粗品になりきり、流された映像にノーセンスなツッコミを入れる「ノーセンス粗品」。ルール説明を聞いたかねきよは「安いタオルのモノマネをすればいいんですね」とコメントし、サンシャイン池崎から「本当の粗品!」とツッコまれる。その直後、回答ボタンを使ったモノボケ合戦が発生し、ステージ上は一気に混沌状態に。芸人たちが「俺もやりたい!」と一斉に挙手する中、かまぼこ体育館だけは「エッチした~い!」と別角度からノーセンスぶりを発揮。すると、いち・もく・さん・くぼたが「私のでよければ」とズボンのチャックを下げ、彼の股間にクロちゃんが顔を近付ける。目まぐるしく展開される下ネタの応酬を見かねたみなみかわは、クロちゃんの頭を思いきり叩いて流れを止めるが、クロちゃん本人は「えっ、なんで叩かれたん!? 事件事故!?」と戸惑っていた。なお「ノーセンス粗品」自体は、永野が際どすぎる回答を繰り出したため強制終了となっている。

チョコレートプラネットのTT兄弟をノーセンスに再現するコーナー「ノーセンスTT兄弟」に突入すると、クロちゃんの狂気が一気に加速。「胎児になりたい」「赤ちゃん返りってあるじゃん」と言い出してステージに寝転がると「あ~ん! ママーママー! チューしてくれないと立ち上がれないー!」とわめき出し、近付いてきたみなみかわに無理矢理キスする。さらに、半裸状態になったかまぼこ体育館と濃厚な絡みを見せると「やっとわかった! このライブってなんでもいいんだ! 好きなことしていいんだ!」とスッキリとした表情に。客席の悲鳴が止まらないこの状況を永野は「ノーセンス史上もっともハード」「もはやノーセンスじゃなくてセクシャル」と問題視。クロちゃんとかまぼこ体育館は反省を促され、しばらく壁際に立たされていた。

続いて展開された「ノーセンスヘヴィメタ選手権」は、うしろシティ金子らが参加した「ヘヴィメタル編み物世界選手権」のようにヘヴィメタルに合わせてノーセンスな演技を披露する企画。ここでは「何も聞かされずに自分のクローン工場に案内された五木ひろし」(ランジャタイ国崎)、「平安時代に十二単をがんばって着ようとする紫式部」(オジンオズボーン篠宮)、「世界中のすべてのタマキンを集め、そのタマキンでビリヤードをして、途中で自分のタマキンを突いて死ぬ」(サンシャイン池崎)など、各々が独自のパフォーマンスを展開した。そんな中、クロちゃんは先ほどの下ネタの謝罪とヘヴィメタを融合させる演技にチャレンジ。奇妙な動きで舞台上を駆け回ったかと思えば、奇声を上げながら土下座を繰り返し、最後は仕事の都合でエンディングを待たずにステージを去った。

ノーセンスにクロちゃんを演じるコーナー「ノーセンスわわわわ~」では、いち・もく・さん・くぼたが「右手が強いシリーズ」なる芸で一同の度肝を抜くことに。これはクロちゃんやIKKOのフリをしながら右方向に吹っ飛び、受け身を取らずに着地するという荒業。彼は体のさまざまな部分を床に打ちつけながらこの芸を繰り返し会場の爆笑を誘ったが、永野からは「ボロボロ! ここまでしないと笑いが取れない! 逆に哀れ!」とイジられてしまった。

ほかにもさまざまな企画が展開され、いよいよ結果発表へ。優勝したくぼたは照れたような表情を見せ、周囲から「こういうときに謙虚!」とガヤを飛ばされる。そして最後は大きく飛び上がりながら「両腕が強いコマネチ」を披露してライブを締めくくった。

アプリで読む