Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジュード・ロウ、ホグワーツでの撮影に違和感と緊張を吐露 『ファンタビ』特別映像公開

リアルサウンド

18/9/13(木) 12:00

 11月23日公開の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』より、特別映像が公開された。

参考:<a href=”http://www.realsound.jp/movie/2018/09/post-249986.html”>動画はこちら</a>

 世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなった前作。今作では、主人公のニュートとその仲間たち、ティナ、クイニー、ジェイコブはもちろん、ジュード・ロウが演じるニュートの恩師・ダンブルドア先生や、ジョニー・デップが演じる最強の敵・グリンデルバルドが登場する。

今回公開されたのは、最新作のメイキングやキャストのコメントが入った特別映像。『ハリー・ポッター』シリーズから続くロケ地での、ホグワーツ魔法学校の撮影風景が映し出されている。また、シリーズの生みの親であるJ・K・ローリングの「ホグワーツに戻りたかったの」というコメントや、主演のエディ・レッドメインが「『ハリー・ポッター』シリーズで記憶に残る名前や歴史が『ファンタビ』最新作にも織り込まれている!」と興奮気味に語る様子が確認できる。

 また、若き日のダンブルドア先生を演じたジュード・ロウは、ホグワーツでの撮影について「撮影までは平気だった。脚本も読んだし、冷静に受け止めていた。でも当日、教室に入った途端に―圧倒されてしまったんだ。生徒のほうが僕よりはるかに冷静に見えた。教師初日の緊張はすごかったよ。それが映画に出ていないといいけど…でも素晴らしかったんだよ。ホグワーツが僕たちの心の奥底に残っていたから大丈夫だった。予告編を見て、僕はほかの皆と同じようにワクワクしたんだ」と緊張と興奮を語ると、レッドメインはニュートのボグワーツ魔法学校の学生時代のことについて言及。「ニュートは、ホグワーツにもなじまず、浮いている。でもダンブルドアは彼の個性を見ている。情熱をもった子供なんだ。ふたりには絆がある。でもホグワーツ時代のニュートはアウトサイダーだ。魔法動物に夢中になっている。若いニュートの素晴らしいシーンがあって―」とニュートとダンブルドア先生の関係性について明かした。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む