Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

テレンス・マリック最新作『名もなき生涯』来年2月公開 ヒトラーへの忠誠を拒絶した農夫を描く

リアルサウンド

19/11/1(金) 17:00

 『ツリー・オブ・ライフ』のテレンス・マリック監督最新作となる、FOXサーチライト作品『A Hidden Life(原題)』が、『名もなき生涯』の邦題で2020年2月21日に公開されることが決定し、あわせて予告編とティザービジュアルが公開された。

参考:動画はこちらから

 マリック監督が46年のキャリアの中で初めて実在の人物をモチーフにした本作では、第二次世界大戦時のオーストリアに実在した、ヒトラーへの忠誠を拒絶し自らの信念に殉じた一人の農夫・フランツの“名もなき生涯”を映し出す人間ドラマ。フランツを『イングロリアス・バスターズ』のアウグスト・ディールが演じ、美しい村でフランツや娘たちと暮らす妻フランチスカ役を『エゴン・シーレ 死と乙女』のヴァレリー・パフナーが務める。そして、本作が遺作となったブルーノ・ガンツが、判事役で出演している。

 公開されたティザービジュアルでは、村の風景を背景に、身を寄せ合うフランツとフランチスカの姿が印象的に切り取られている。

 予告編では、村でフランツとフランチスカが出会う場面、フランツがナチス兵に逆らい尋問を受けるシーンが描かれている。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む