Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

中居正広、チームラボの最新ミュージアムに驚愕 アンドロイドアナ・アオイエリカとの掛け合いも

リアルサウンド

18/6/28(木) 16:36

 6月27日深夜に放送されたトークバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)にて、中居正広が、ゲストMCの陣内智則、ゲストの内田理央と共に、デジタルコンテンツ制作会社「チームラボ」が手がけた最先端のデジタルアートミュージアムを訪問し、科学の世界を知るゲスト4人を交えて科学の魅力を語り尽くした。

(関連:森ビル×チームラボの常設ミュージアム登場 500台超のマシンによる“境界のないアート”に迫る

 今回、科学の世界を知るゲストとして集められたのが、ロボット工学者・石黒浩、チームラボ代表・猪子寿之、科学雑誌編集長・大塚茂夫、サイエンスプロデューサー・米村でんじろうの4人。そこに、アンドロイドアナウンサー・アオイエリカも加わった。

 アオイエリカは、Synectics社発表の「世界の100人の生きている天才」ランキングで、日本人最高となる26位に輝いたロボット工学者・石黒によって発明されたアンドロイド。今年度からアナウンサーとして日本テレビへ入社し、アンドロイドが社会で働く第一歩を踏み出したとして話題になっている。

 早速「日本テレビアンドロイドアナウンサーのアオイエリカと申します」と自己紹介したアオイ。「トークバラエティは初めてで少し緊張しますね」と流暢にしゃべり、さらには「陣内さん。アナウンサーだからといって、口説かないでくださいね」とジョークも飛ばして、笑いを誘った。

 石黒曰く、アオイのこうした一連のトークは、アオイ自身が考えてしゃべっているわけではなく、日本テレビのスタッフによって、あらかじめプログラムされたものなのだとか。とはいえ、こちらが発した声に反応して目を合わせたり、タイミングよく相槌を打ったり、微笑を浮かべたりするその精巧なつくりに、中居は「感情があるんじゃないかと思っちゃうね!」とただただ感嘆した。

 また、中居が「今年のプロ野球はどこが優勝しますか?」とアオイに質問すると、「今年もやっぱりカープですかね」と即答。「大瀬良(大地)が20勝、岡田(明丈)が15勝すると思います」と語り、さらには「巨人は残念ながら5位だと思います」と答えると、陣内からは「怒られんで!日テレの社員やで!」中居からは「空気は読めないのか?」と突っ込まれていた。

 さらにアオイは、石黒の難解な話に首をかしげる中居・陣内に対して、「中居さん、陣内さんには少し難しいですね」とバッサリ。「こんなアナウンサー、1年目だったらだいぶ怒られてるで!」という陣内の指摘を涼しい顔で受け流し、大物ルーキーぶりを垣間見せた。

 その後、3人はチームラボ代表・猪子の案内でミュージアムのおすすめスポットへ。まず訪れたのは「光でできた空間」。次々と光が交錯し、多彩な立体物がつくりあげられる空間の中心に立った中居は「迫力がありますね!」と興奮気味に語った。

 次にやってきたのは、謎の真っ暗な空間。「お茶を飲みましょうか」という猪子によって用意された透明な器にお茶が注がれると、プロジェクションマッピングのようにお茶の上に花が咲いた。色とりどりに咲く花を見て内田が「これ、好きな人と来たらすごいロマンチック!」と言うと、すかさず中居が「これはBまでいけるやつですね」と下世話なネタをカットインさせていた。他にも、プラネタリウムのように銀河が表現されたトランポリン、自分たちが描いた絵をCGで映し出せる空間など、様々なプロジェクションマッピングを楽しめるアトラクションが紹介された。
 そこから再度、ゲストを囲んでのトークへ。科学雑誌編集長・大塚からは「再生治療用の3Dプリンターでつくった耳」「精子にモーターをつける不妊治療」について説明を受け、サイエンスプロデューサー・でんじろうは、おもしろ科学実験を披露。シャボン玉を電気で操る実験、割れないシャボン玉の作り方を実演した後、ピリピリと身体に電流が流れる水を陣内に飲まそうとするも、なぜか、でんじろう自身が飲むハメになり、そのあまりの刺激に耐えかねて、陣内に向かって水を吹き出してしまった。

 こうした科学の魅力を存分に堪能し、番組はエンディングに。最後に中居からコメントを求められたアオイは「次回はゲストMCとして出演したいですね」と発言し、陣内から「無理やって!」と突っ込まれ、最後まで息の合った掛け合いを披露して見せた。

(こじへい)

アプリで読む