Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

平野紫耀×橋本環奈『かぐや様は告らせたい』追加キャストに池間夏海、浅川梨奈、堀田真由ら

リアルサウンド

19/5/21(火) 12:18

 9月6日公開の映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の追加キャストが発表された。

参考:King & Prince 永瀬廉&神宮寺勇太、『うちの執事が言うことには』で見せた絶妙な掛け合い

 本作は、2015年6月に連載開始し、『週刊ヤングジャンプ』の中でも非常に人気の高い作品として、単行本は既に累計発行部数650万部を突破している赤坂アカの同名コミックを実写映画化したもの。

将来を期待されたエリートたちが集う私立・秀知院学園を舞台に、天才であるが故に、恋愛においても不器用でピュアな白銀御行と四宮かぐやによる、相手に「告らせる」ことだけを追い求めた高度な恋愛頭脳戦を描く。努力型の天才生徒会長・白銀御行役で平野紫耀(King & Prince)、大財閥の令嬢で文武両道の生徒会副会長・四宮かぐや役で橋本環奈、生徒会会計・石上優役で佐野勇斗が出演する。

 今回主要キャストとして発表されたのは、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろう、高嶋政宏、佐藤二朗の6名。かぐやから“知人の話”として恋愛相談を時々受ける同級生・柏木渚役を『ニセコイ』の池間、白銀とかぐやの攻防を最もかき回す存在である生徒会書記・藤原千花役を元SUPER☆GiRLSの浅川、かぐやに仕える近侍・早坂愛役を『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の堀田、白銀に恋愛相談をする同級生・翼役を『3D彼女 リアルガール』のゆうたろうがそれぞれ演じる。さらに、職業不詳で日々を気ままに暮らしている白銀の父役で高嶋、世界的ゴッドハンドである医者・田沼正造役で佐藤が脇を固める。なお、佐藤は本作のナレーションも務める。

■コメント一覧
●池間夏海(柏木渚)
柏木渚ちゃんは、笑顔で話しているのだけど、裏に何かありそうな。その何を考えているかわからない雰囲気を出すのは難しかったのですが、渚らしさを感じて頂けると思います。楽しみにしていてください。平野さんはテレビで観たままのすごく面白い方でしたし、橋本さんは頭の回転も速くて想像以上にカッコイイ方でした。この作品は、“いかに相手に告らせるか”という二人の駆け引きが見どころの映画ですが、幅広い世代の方にも楽しんで頂ける作品になっているので、是非映画館にお越し頂きたいです。

●浅川梨奈(藤原千花役)
原作、アニメ共に大ファンだったので藤原書記を演じさせて頂けると聞いて、率直に私でいいのだろうかと思い嬉しさと同時に不安でいっぱいでした。藤原千花のおっとりとした可愛らしさ、鈍感で真っ直ぐでおバカな所、隠しきれない腹黒さの全てが愛おしくて、私自身千花が大好きだからこそ絶対にイメージを壊したくないと思い、遠慮せず思いきりを大切にしながらも、常に周りにお花が浮かんでいるような千花らしさを忘れないように演じさせて頂きました。常に笑いの絶えない明るくて素敵な現場で、平野さんと橋本さんがどんな時も中心となり引っ張ってくれていたので本当に心強く楽しかったです。生徒会4人でのシーンが多かったのですが、休憩中もずっと全員で喋っているくらいにぎやかで短い撮影期間とは思えないくらいでした。アニメ好きとしてはやはり小原好美さんが命を吹き込んだ藤原千花が念頭にありまして、たくさん研究させて頂いたので個人的に千花の声にも注目して見て頂けたら嬉しいです。

●堀田真由(早坂愛役)
早坂愛は四宮かぐやにとって他の登場人物ともまた違った関係性なので、表情や仕草、目線の動きなど実写版のリアルな早坂愛に近づけるように監督と相談しながら演じさせて頂きました。
平野さんも橋本さんも明るく常に現場を盛り上げてくださり同世代の皆様ととても良いチームワークの中撮影に臨ませていただきました!
「告ったほうが負け」という恋愛頭脳戦は他の恋愛映画とはまた違った面白さや発見があるのではないかなと思います。
『かぐや様は告らせたい』の世界をスクリーンでぜひみなさんに楽しんでいただけたら嬉しいです!

●ゆうたろう(翼役)
僕が演じた翼は、はじめはおとなしくて真面目ですが、紫耀くん演じる白銀会長にアドバイスを頂いてから色んな変化があります。外見もそうですが、監督と少しずつ話し合いをして口調や言葉のニュアンスも意識して変えていきました。
翼が白銀会長に恋愛相談するシーンは、紫耀くんと「2人のコントラストが出せるようにしたいね」って話をしていて、翼の大きな一歩になるシーンなので演じていて楽しかったですし、監督も面白がってくれて、すごくお気に入りのシーンです。生徒会のみんなとは同世代と言うこともあってとても仲が良く、ずっとわちゃわちゃしていて、すごく楽しかったです。

●高嶋政宏(白銀の父役)
原作でも一癖ある白銀の父親役ですが、現場で抑えてやってみたり、オーバーにやってみたりで、その都度、監督とのキャッチボールで作り上げていきました。
それが楽しくもありました。原作のようにもう少し出番が多いと良かったです(笑)

●佐藤二朗(田沼正造役&ナレーション)
医者の役はこれまでもたくさん演じてきましたが、ここまでの世界的ゴッドハンドという役は初めてです。ただ幸か不幸かオペシーンはほぼありませんので、なんとかごまけるのではないかと・・・、ごまけるなんて言っちゃいけない。なんとかなるのではないかと思っています(笑)。ナレーションは割と全編的に流れていますので、それによってこの映画の雰囲気が変わりますよね。たぶんね。なので、それはそれで責任を感じながら・・・、ごめんなさい嘘です。そんなに責任は感じておりません。そんなに責任感じたら、ふざけられませんから。僕もばかばかしい作品は結構やっておりますけど、そんな中でもさらにばかばかしい感じの楽しい作品ですので、期待してください。

●原作者・赤坂アカ
かぐや様は告らせたいという作品は、バトルも無ければ魔法も無い、生徒会室という空間で「お可愛い」掛け合いをするだけの密室劇です。お可愛くなければ終わりです。実写化にあたって私からの要望は、ちゃんとお可愛いと思える男女を選んで欲しいという一点でした。
主演は平野紫耀さん、ヒロインに橋本環奈さんに決まりました。そこまでやれとは言ってない。金と権力無限にあるの? 誰の弱み握ったの? ちゃんと手段は合法? 疑惑と疑問は尽きませんが何故か実現しました。
石上役に佐野勇斗さん、藤原役の浅川梨奈さんに早坂役の堀田真由さん、田沼役の佐藤二朗さん。キャスティングの基準が私の趣味趣向なのかと思える程に、原作サイドとしては◎のキャスティング。撮影現場も楽しい雰囲気で、とても幸福感のある映画化だなと思いました。というかキャスト・スタッフの皆さんこの作品に真正面から真剣に臨んでくれて、ここは良い人だけが住む良い人村かなと思ったので、原作やアニメのファンの皆様にも、彼ら彼女らの演じるキャラクター達を丸ごと好きになって貰えたら原作者としては嬉しいです。

※高嶋政宏の「高」はハシゴダカが正式表記。

(リアルサウンド映画部)

アプリで読む