Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『マレフィセント2』 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

前作を上回る完成度! ディズニー『マレフィセント2』が満足度ランキング第1位に

ぴあ

19/10/21(月) 18:00

「ぴあ」調査による2019年10月18日、19日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、アンジェリーナ・ジョリーが『眠れる森の美女』のヴィランを演じ大ヒットしたディズニー実写映画の続編『マレフィセント2』が第1位になった。

前作では“邪悪な妖精”として恐れられていたマレフィセントの本当の姿が描かれたが、今作では、さまざまな試練を乗り越えて穏やかに暮らしていたマレフィセントとオーロラ姫の絆を引き裂く出来事が。そして再び人間界と妖精界の争いが起こる。

上映後のアンケート調査では「ハラハラドキドキして面白かった!」(15歳)、「エル・ファニングの透明感とアンジェリーナ・ジョリーの演技が素晴らしかった」(21歳)、「子供と一緒に観にきたので、平和的に解決しているところがディズニーらしいなと思った」(46歳)、「“母の愛”が描かれていて見応えがあった」(50歳)、「新しい物語なので前作よりワクワクしながら観た。マレフィセントの人物背景がよりわかった」(52歳)などの声が寄せられた。

またディズニー作品が好きと話す人たちからは「実写化すると世界観が崩れることが多いけれど『マレフィセント』はブレないところが好き」「ディズニー作品の楽しさや精神が実写になっても受け継がれていて、ファンタジーの見せ方や心の優しさを描いているのがよかった」などの声もあがった。

さらに前作を観ていない人も「想像してない展開に驚いた。キャストの演技はさすがだなと思った」と好評。出口調査では2014年公開の『マレフィセント』の満足度89.9点を上回る点数を記録した。

1位『マレフィセント2』93.4点
2位『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』92.5点
3位『ガリーボーイ』92.0点
4位『世界から希望が消えたなら。』91.7点
5位『フッド:ザ・ビギニング』87.9点
6位『スペシャルアクターズ』84.7点
7位『アダムズ・アップル』84.5点
8位『駅までの道をおしえて』84.2点
9位『楽園』76.6点

(本ランキングは、10/18(金)、19(土)に公開された新作映画9本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

アプリで読む