Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ワニ×ハリケーンの極限サバイバル A・アジャ監督作『クロール ー凶暴領域ー』10月11日公開決定

リアルサウンド

19/7/18(木) 12:00

 『ピラニア3D』『ルイの9番目の人生』のアレクサンドル・アジャ監督最新作『Crawl(原題)』が、『クロール ー凶暴領域ー』の邦題で10月11日に公開されることが決定し、予告編とポスタービジュアルが公開された。

参考:奇跡のキャスティングと映像美が紡ぐ 唯一無二の身体の物語『Girl/ガール』の繊細な表現

 『ドント・ブリーズ』のプロデューサー、サム・ライミが製作した本作は、ワニと巨大ハリケーンという生存不可能な組合せによる極限状態からのサバイバルを描くスリラー。最大級のハリケーンに見舞われ、雨風によって実家に閉じ込められ、大量発生したワニから、負傷した父と共に脱出を図る主人公ヘイリー役は、2019年カルティエの新モデルに抜擢され、『メイズ・ランナー』シリーズや、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のカヤ・スコデラリオが務め、彼女の父親役として『プライベート・ライアン』などで知られるバリー・ペッパーが出演する。

 ポスタービジュアルでは、水中にうごめく巨大なワニへの恐怖に怯えながら、水上に浮かぶボートの残骸に避難するヘイリーの絶体絶命の危機的状況が描かれている。

 あわせて公開された予告編は、最大級のハリケーンに襲われたフロリダの避難区域で父を探す女性ヘイリーが、実家を訪ねるところから幕を開ける。地下で重傷を負った父親を見つけたヘイリーだったが、その瞬間背後から何物かに襲われ引きずり込まれる。誰も助けに来ない最悪の状況の中、巨大ハリケーンとワニ、そして浸水のタイムリミットが迫る。果たしてヘイリーは、ワニの巣窟と化してしまった思い出の我が家から、生きて脱出することができるのか。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む