Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

さくらしめじ(撮影:鈴木友莉)

怒涛の告知サプライズ!さくらしめじ、5歳の誕生日にファンに伝えた「アイラブユー!」

ナタリー

19/6/15(土) 0:16

さくらしめじが昨日6月14日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて結成5周年記念ライブ「しめたん-さくらしめじが生まれた日 祝5周年-告知!! サプライズ編」を開催した。

この日の5歳の“誕生日”を迎えたさくらしめじ。「告知!!サプライズ編」と題されたアニバーサリーライブは、予告通りのサプライズで幕を開けた。暗転した会場に「My Sunshine」のイントロが鳴り響き、ステージ前方からスモークが噴出すると、その奥にはギターを手に向き合う2人の男性の姿が。しかし、きのこりあん(さくらしめじファンの呼称)がステージに注目したのも束の間、本物のさくらしめじは会場2階のバルコニーに姿を見せる。楽曲は「Bun!Bun!BuuuN!」に切り替わり、田中雅功と高田彪我は思い切りタオルを振り回しながらステージへ。ステージ両サイドに置かれたステップに飛び乗って初っ端からエンジン全開の煽りで会場をヒートアップさせた。

曲を終えると、雅功は「僕たち、5歳になった……?」と呼びかけ、きのこりあんは「さくらしめじです!」と声を合わせる。彪我は「皆様のおかげで、本日6月14日をもちまして5歳になりました!」と改めて伝え、きのこりあんに感謝を伝えた。そして2人は登場シーンを振り返り、雅功は「こんな感じでサプライズぶちかましていきますから、心してかかってください」と予告。さっそく1つ目の告知として、5月に東京・日比谷野外大音楽堂で行われたワンマンライブの音源が7月5日に配信リリースされることを発表した。

発表後「以上、僕たちはさくらしめじでした!」と一礼し“退場”してしまった2人だが「嘘だよー!」とギターを抱えてすぐにステージへカムバック。ここからは「ねこの16ビート」「いーでぃーえむ」など、さくらしめじのレパートリーの中でもとびきりのアップチューンが次々と届けられていく。「ケセラセラララ」では雅功の「ケセラセラララ、沖縄では『なんくるないさ』という意味です」という説明をきっかけに「なんくるないさ なんくるないさ」と歌い替えるこの日限りのアレンジが聴衆を楽しませた。

2度目のMCでも告知が行われ、ここでは彼らが今冬に2ndアルバム(タイトル未定)をリリースすることが明らかに。雅功は「絶賛制作中ですので、皆さん楽しみにしていてください!」ときのこりあんの期待を高めた。そして、2人は「ここで僕らの楽曲を振り返ってみようと思いまして」と、Twitterでファンから募っていたリクエストから選んだ楽曲でメドレーに初挑戦することを伝える。彪我の優しい歌声がリードする「またたび」からスタートした「さくらしめじメドレー」は弾き語りで届けられ、2人は全9曲を15分にわたってノンストップで演奏した。フロアから感嘆の声が漏れた「ひだりむね」から「スプーンの初恋 ~あゝ、好きだよベイベー~」への展開、凛々しいボーカルが重なり合った「靴底メモリー」の演奏など、2人は抜群のコンビネーションで曲数を重ねていく。そんな彼らの姿は5年間の確かな成長を感じるもので、きのこりあんはギター1本で彩り豊かな景色を見せる雅功と彪我を熱い眼差しで見つめていた。

メドレーコーナーののちのMCでは、3つ目の告知として2人の高校卒業記念ライブの開催決定が報告された。これについて雅功は「世界一ハッピーな卒業ライブをやります! 卒業ってハッピーなものなんだよ、ワクワクするものなんだよっていう意味を込めてね」とコメント。そして彼は彪我のギターに乗せて「ハッピーハッピーバースデー!」「おめおめおめおめおめでとう!」など即興ソングを歌ってきのこりあんにも声を求め、ラストスパートへ向けて盛り上がりに拍車をかけていく。「はじまるきせつ」を晴れやかな歌声で歌い上げると、続いて披露されたのはこの日の1曲目で未遂に終わった「My Sunshine」。本物のさくらしめじの2人はこの曲で力強いハーモニーを響かせ、この先もきのこりあんを導いていくという意志を歌に込めた。雅功がエネルギッシュな煽りでフロアをまとめ上げた「スタートダッシュ」を経て、本編ラストに届けられたのは彪我の“卵かけご飯偏愛ソング”「てぃーけーじー」。彪我はニワトリの着ぐるみを着たダンサーをステージに招き入れると、彼らと一緒にキュートな“TKGダンス”を踊って笑顔を浮かべる。間奏パートでは5周年を記念したケーキの早食い対決が行われたが、マイペースにフォークを口に運ぶ2人は共に完食ならず。それでも楽しそうにお互いを笑顔で見つめ、雅功は「これからもよろしくお願いしまーす!」と元気にきのこりあんに呼びかけていた。

アンコールを求めるきのこりあんは「Happy Birthday to You」を歌いながら2人の再登場を待つ。この声に誘われるようにステージに戻った雅功と彪我は、甘酸っぱい恋心をエモーショナルに歌う「先に言うね」でライブを再開させた。曲を終えると雅功はきのこりあんの歌声を喜び「まさか『Happy Birthday』が来るとは」と照れ笑いを浮かべる。そして、2人の5年間を振り返り「正直そこまで実感はないんですよ。ここまでが一瞬で。なんで一瞬なのかって言うと、1日1日が本当に大切だと思えるくらいに充実していたからだと思います。そう思えるのは、こうして集まってくださっている皆さんのおかげだと思います」ときのこりあんに語りかけた。

「大人になるにつれて、いろんなところで歌うにつれて、『こういうふうに伝えたい』という思いが芽生えていきました。音楽の力で皆さんの背中を押してあげたり、寄り添ってあげられるアーティストになっていきたい。これからも皆さんと一緒に音楽を作っていきたいと思います」と続けた雅功は「そんな気持ちを込めて」と新曲の「同じ雲の下」をタイトルコール。さくらしめじの2人は、この曲をまっすぐに歌い届ける。そして彪我は「歌もギターもまだまだな僕たちに応援を届けてくれる皆さんが、僕たち本当に大好きです! みんなに愛されて、僕たちもみんなのことを愛してます」と少し照れながら伝え、大きく手を広げて「アイラブユー!」と叫んだ。「というわけで、5年目もこんな感じでやっております。これからも僕たち、ヘンなことをやらせてください!(笑)」と彼が照れ隠しのように伝えると、雅功も「僕も、皆さんが大好きです。アイラブユー!」と続いた。

ライブは「みちくさこうしんきょく」の大合唱で大団円を迎えたが、ラストにはさくらしめじの2人も知らされていないサプライズが。スタッフから恐る恐る受け取った手紙を2人が開くと、そこにはさくらしめじのユニット名が命名された記念日である11月24日に東京・マイナビBLITZ赤坂で2部制のワンマンが開催されるというメッセージが書かれていた。雅功と彪我は大喜びで跳びはね、雅功は「こうやってBLITZで2部もできるのは皆さんのおかげです、ありがとうございます!」と笑顔を浮かべる。そして最後にコメントを求められた彪我は「……ありがとう!」と言葉を振り絞る。彼は「これだ。このひと言に尽きます」と言って、5周年の感謝の思いを5文字に込めていた。

さくらしめじ「しめたん-さくらしめじが生まれた日 祝5周年-告知!! サプライズ編」2019年6月14日 渋谷duo MUSIC EXCHANGE セットリスト

01. My Sunshine
02. Bun!Bun!BuuuN!
03. ねこの16ビート
04. いーでぃーえむ
05. ケセラセラララ
06.さくらしめじメドレー
またたび~まよなかぴくにっく~せきがえのかみさま~ひだりむね~スプーンの初恋 ~あゝ、好きだよベイベー~ ~靴底メモリー~だるまさんがころんだ~さんきゅう~ゆめがさめたら
07. はじまるきせつ
08. My Sunshine
09. スタートダッシュ
10. てぃーけーじー
<アンコール>
11. 先に言うね
12. 同じ雲の下
13. おもいでくれよん
14. みちくさこうしんきょく

※高田彪我の高ははしごだかが正式表記。

アプリで読む