Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

武田航平 オレニ撮ラセロ!

2020年のゲスト振り返り!【前半】

毎週連載

第72回

20/11/20(金)

まだ今年が終わるまでは時間がありますが、ゲストに来てくださった方の印象や感想を改めて語ってもらいました。前半の今回は、小林亮太さん、加藤諒さん、本田礼生さん、オジンオズボーン・篠宮暁さん、中村優一さんについて振り返ります。

初対面の小林亮太は「華やかでかわいくて、力強さも感じた俳優」

亮太くんとは初対面でしたが、会ってみたらすごくさわやかでカッコいい男の子でした。アメリカに行ってダンスに挑戦しているなど、アクティブな一面を持っているのも驚きました。2.5次元作品をいまだに色眼鏡で見る人も多いけど、そういう見方を変えていける力強さも感じましたね。人気作品の主役に選ばれるだけあって、華やかな雰囲気もありつつ、でもハンバーガーを食べているときの無邪気な姿もかわいかった。

この回は僕の友達の店でも撮影させてもらったんですけど、スケボーを持ったショットも他にはない感じで面白かったな。今年は、2.5次元作品で活躍している俳優さんたちがたくさん来てくださいましたけど、今年最初のゲストが亮太くんでよかったなって思うぐらい、印象的な俳優さんでした。

ファインダー越しからでも感じる加藤諒の吸引力

諒くんは不思議で面白い人ですよね。芸歴も長いから、手練な感じがまた新鮮でした。諒くんもしっかりと自分を持っている人なので、撮っているときも自分のキャラクターを出しているなって思いましたし、魅力的に感じましたね。

ファインダー越しに見てみると、ものすごく吸引力があるというか、人を惹きつける力が強い。普段はすっごくお喋りですけど(笑)、そういうギャップもカッコよかったです。知名度も人気もあって、たくさんの作品に出演しているのに、裏表もないし、驕らず、スタッフさん達にもすごく丁寧な人。そういう部分からも人間力を感じました。諒くんって掴みどころがないタイプでもあるんですけど、でもすごくエンタメ向きの方だなって改めて思った回でした。

本田礼生の成長ぶりに感動した撮影

礼生と、まさかこんなふうに再会するとは思ってもみなかった。昔の礼生を知らない人も多いと思いますけど、アンダーで頑張っていたところから、こうやって数々の人気作に出演するまで登りつめてきているので、その成長ぶりにすごく感動しました。2.5次元作品を日本のカルチャーとして表現していく俳優さんの一人なんだな、と感じましたね。

あと、カメラを通して見てみて、率直にカッコよくなったなって。昔は少し芋っぽかったから(笑)。いろんな表情もできるようになっていたし、話してみると相変わらずのかわいさや人懐っこさもあって、そこは変わっていないんだなって安心もしました。礼生もいろんな覚悟を持ってやっていると思うんですけど、話を聞いていて、こういう俳優さんがいるのは心強いなって思ったんです。またいつか共演したいですね。

撮影を通して再認識した篠宮暁の人間力

俳優さんのゲストが続く中、篠宮さんの回はまたガラッと変わった回でしたよね。とはいえ、篠宮さんも塩顔イケメン。他の取材だったら絶対に見られないような表情を撮影できたなと思います。

篠宮さんは、『仮面ライダー』が好きということもあり、俳優へのリスペクトを持ってくれていますし、年下に対しても優しく立居振舞って接してくださる素晴らしい人。共演者、スタッフさん問わず、一度仕事をしたら、また一緒にしたくなるような力を持っている方なんです。篠宮さんを見ていると、芸人、俳優、アーティストという縛りにとらわれず、僕ももっといろんなことにアンテナを張って、何でもできるようにならないと、と再認識させられるんです。そういう篠宮さんの人間力を感じることができた撮影でした。

4年ぶりの中村優一に個性をビシバシ感じた

この回で改めて話してみて、優一の個性をビシバシ感じました。黙っていたらめちゃくちゃカッコいいのに、底が見えなくて、本当に不思議な人。そしてちょっとサイコパスっぽいところもある(笑)。

僕と一緒で制作にも興味があるという話も聞けましたし、すごく楽しかったです。面白いと思ったことをすぐ行動に移すような瞬発力も見えて、王道というよりもサブカルチャーで何かをやってバズっていきそうな気配がします。ちょっと変わった役とかがすごくハマりそう。久々の再会だったけど、すぐにテンポ感のいい会話もできたし、とにかくすごく笑っていたのを覚えています。対談の最後では、僕を散歩して帰るとか言っていて、まじでやばい男だと思いましたね(笑)。



ゲスト振り返り後半の次回は、北村諒さん、岸洋佑さん、陳内将さん、多和田任益さんについて語ります! お楽しみに!

プロフィール

武田航平

1986年1月14日、東京都出身。2001年に芸能界入り、同年に第14回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞を受賞した。『仮面ライダーキバ』『仮面ライダービルド』などで人気を博し、現在はドラマ、映画、舞台と幅広く活躍中。出演している恋愛フェイクドキュメンタリー『フェイクラブ』が、動画配信サービス「FOD」にて配信中。

写真/大塚秀美、ヘアメイク/田中宏昌(allure)、取材・文/榎本麻紀恵、動画BGM/タダオト

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む