Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

井ノ原快彦がNHK「みんなのうた」60周年アンバサダーに、1500曲の歴史を振り返る

ナタリー

21/1/29(金) 16:06

「みんなのうた60」キービジュアル

NHK「みんなのうた」の放送開始60周年を記念したプロジェクト「みんなのうた60」がスタート。アンバサダーを井ノ原快彦(V6)が務めることが発表された。

1961年に放送が始まった「みんなのうた」は、これまで各時代に寄り添った楽曲を約1500曲届けてきた。今回の「みんなのうた60」プロジェクトでは1年間にわたり、番組やイベントなどを通じて「みんなのうた」の魅力を全国の視聴者に届ける。

アンバサダーの井ノ原は1997年にV6として、「みんなのうた」でも親しまれてきた「WAになっておどろう」をカバー。2017年には番組を通じて知ったという岩崎愛に楽曲制作を依頼し、「太陽と月のこどもたち」を発表している。アンバサダー就任に際し井ノ原は「今、日本中、世界中が大変な状況にありますが、きっと皆さんのそばには歌があり、その歌のおかげで、楽しかったころを思い出したり、これから先がんばっていこうという 気持ちになれたりするはずです。そんな歌が、60年、1500曲も生み出されたわけですから、見るだけで元気になれるような番組になったらいいなと思います」とコメントしている。

2月27日(土)にはプロジェクトのキックオフ特番をNHK Eテレにて放送。この番組には井ノ原のほか上白石萌音、古坂大魔王、ヒャダイン、森山良子らが出演し、「みんなのうた」の60年の歴史を振り返る。さらに、とある大物歌手が提供する60年記念曲も番組内で発表される。

なお2月1日0:00からは公式サイトにて、視聴者の「みんなのうた」にまつわるエピソードや思い出を募集する企画がスタートする。寄せられた投稿は番組などで紹介される。また2月からの「みんなのうた」では「60年スペシャルセレクション」と題し、過去の名曲をさまざまな形でフィーチャーしてオンエアする。

井ノ原快彦 コメント

今回アンバサダーを務めさせていただきますが、肩肘張らずに、みんなの心に届くような番組になったらいいなと思います。
事務所に入って間もないころ、仲間たちと楽屋にいたとき、僕が「北風小僧の寒太郎」を口ずさんだら、何人かが「寒太郎!」って追っかけの部分を歌ったんです。生まれた場所も育った場所も全然違うのに、みんなが知っている歌があるというのは、本当にすごいことだと思いました。また、V6としてはAGHARTAが歌った「WAになっておどろう」をカバーさせていただき、多くの方に知っていただけるきっかけになりました。実は、個人的にクリエイターの方もチェックしています。「すっぽんぽんぽん」を担当されたシンガーソングライターの岩崎愛さんが素敵だと思い、2017年に「太陽と月のこどもたち」を制作いただき、「みんなのうた」でV6として歌わせていただきました。
今、日本中、世界中が大変な状況にありますが、きっと皆さんのそばには歌があり、その歌のおかげで、楽しかったころを思い出したり、これから先がんばっていこうという 気持ちになれたりするはずです。そんな歌が、60年、1500曲も生み出されたわけですから、見るだけで元気になれるような番組になったらいいなと思います。

NHK Eテレ「みんなのうた60キックオフ特番(仮)

2021年2月27日(土)19:00~19:55
<出演者>
井ノ原快彦 / 上白石萌音 / 古坂大魔王 / ヒャダイン / 森山良子 / ほか

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む