Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

7役を演じ分けた中村倫也の魅力とは、「水曜日が消えた」監督がWeb番組で語る

ナタリー

20/7/8(水) 19:00

吉野耕平

「水曜日が消えた」で監督を務めた吉野耕平がWeb番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。同番組がYouTubeで公開された。

全国で公開中の「水曜日が消えた」は、1人の人間の内側で曜日ごとに入れ替わる7人の“僕”を描く物語。中村倫也が1人で“7人の僕”を演じ、石橋菜津美、中島歩、深川麻衣らが共演した。

番組では、本作で長編商業映画デビューを飾った吉野がZoomで出演。物語の着想や制作の経緯、中村の魅力、VFXによる演出の秘密などを明かした。7役を演じ分けた中村の起用理由について、吉野は「『この人はめちゃくちゃいろいろとできる人なんだな』という印象を持っていました。そのタイミングで彼の主演舞台を拝見し、『水曜日が消えた』の主人公のヒントになったような気もします」と語っている。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む