Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

仲間由紀恵が“女王”役でドラマ主演、バディ役のワンコ・松村北斗はこき使われる

ナタリー

21/4/27(火) 7:00

仲間由紀恵

仲間由紀恵が主演を務め、松村北斗(SixTONES)も出演するドラマ「女王の法医学~屍活師~」が、5月31日20時からテレビ東京ほかで放送される。

杜野亜希によるマンガ「屍活師 女王の法医学」をもとにした本作は、大学の解剖室で“女王”と呼ばれる法医学者の桐山ユキが、医学生の“ワンコ”こと犬飼一とバディを組み、物言えぬ死者の代わりに正しい死因と真相を突き止めていくさまを描く法医学ドラマ。「ドクターX」シリーズの香坂隆史が脚本を手がけ、演出は「一億円のさようなら」の村上牧人が担当する。

仲間は、原因不明の死を遂げた遺体と“会話”ができ、解剖から得た情報によって死んだときの姿が見える能力を持つユキに扮する。もともと原作を読んでいたという彼女は本作への出演を喜び「一風変わった人物を演じられる喜びもありましたし、今はどんなふうに創り上げていこうかというワクワクした気持ちでいっぱいです」と心境をつづる。

そして松村は、脳外科希望にもかかわらず法医学研究室に配属され、ユキに“ワンコ”と呼ばれてこきつかわれる大学4年生・犬飼一役に。松村は「僕もしっかり挑ませて頂くので、様々な環境や視点から僕を見ていただきたいです。作品を待ってくださっている皆さんにとっても、現場にとっても、刺激的で有意義なものにしたいと思います」と意気込んだ。

そのほか2人が所属する研究室の教授で、犬飼を優しくフォローする丹羽嗣仁役で石坂浩二、ユキとは犬猿の仲だが時には協力して事件を解決に導く県警本部の警部補・村上衛役で田辺誠一が参加する。山下容莉枝、小松利昌、新実芹菜、松澤匠、西村元貴、湯江タケユキ、阿南健治、かとうかず子、利重剛もキャストに名を連ねた。

月曜プレミア8「女王の法医学~屍活師~」

テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送 2021年5月31日(月)20:00~21:54

仲間由紀恵 コメント

このお話をいただいたときは、もともと読んでいた漫画だったのですごくうれしかったです。私が演じる桐山ユキは、女王様と言われている意味がよくわかるというくらい、上からの口調でぶっきらぼう。ですが、技術的には天才と言われていて、さらにミステリアスな部分も相まって、さすが女王様というようなキャラクターだなと思いました。また、ちょっと変わった面白いキャラクターでもあって、このような振り切ったキャラを演じるのは面白かったですし、独創的な世界を創っていけたらいいなと思っています。
ストーリーについては、遺体を解剖して色々判断していくのですが、解剖して初めてわからないものが見えてくる、その奥にある人の思いというものを解き明かしていく、というのはとても新鮮でしたし、仕事としてもとても大切だと思いました。
一風変わった人物を演じられる喜びもありましたし、今はどんなふうに創り上げていこうかというワクワクした気持ちでいっぱいです。

松村北斗 コメント

犬飼一は、とてもキャラクター的で絶妙にいそうでいなさそうな人だなと思いました。そのため、こういう人もいなさそうでいるよなと納得してもらえるようにお芝居できたらと思います。
仲間由紀恵さんとは以前、ご一緒させていただいたので、安心感を持って撮影にのぞめそうです。「これぞ仲間由紀恵」と言われる、説得力のある方だからこそ、僕も果敢に挑んで熱量の高い現場になればと思います。
僕もしっかり挑ませて頂くので、様々な環境や視点から僕を見ていただきたいです。作品を待ってくださっている皆さんにとっても、現場にとっても、刺激的で有意義なものにしたいと思います。楽しみに待っていてください。

(c)テレビ東京

アプリで読む