Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

橋本環奈、2作目の主演映画でR15+作品に挑む 竹葉リサ監督『シグナル100』2020年1月公開

リアルサウンド

19/8/7(水) 5:00

 橋本環奈が主演を務める映画『シグナル100』が、2020年1月24日に全国公開されることが決定した。

参考:橋本環奈、コメディエンヌの限界点を突破 演技の魅力は“思い切りの良さ”にアリ

 本作は、『不能犯』の原作を手がける宮月新による、集英社『グランドジャンプ』にて連載中の同名漫画を実写映画化するもの。担任教師の手により、突如として自殺催眠をかけられた36人の生徒たち。遅刻をする、電話をかける、涙を流すなど、普段行っていた行為が死を招く。その催眠発動(自殺)のシグナルは全部で100。死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。生徒たちが続々と自殺に追い込まれる中、死への恐怖から人間の本性が徐々に暴かれていき、やがて生き残りをかけた壮絶なデスゲームへと発展していく。

 主演を務めるのは、『銀魂』シリーズやドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)などでコメディエンヌとしての才能を開花させた橋本。橋本が単独主演を務める映画は、『セーラー服と機関銃 -卒業-』(2016年)以来4年ぶりで、本作が2作目となる。絶望的な状況下、持ち前の行動力と芯の強さを発揮し、事件の解決に奔走する正義感に強い主人公・樫村怜奈を演じる橋下は、主演作で初めて“R15+作品”に挑戦する。

 監督を務めるのは、『さまよう小指』(2014年)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014のグランプリを受賞した竹葉リサ。脚本は、『ドラゴンボールZ 神と神』や『ザ・ファブル』などを手がけてきた渡辺雄介が担当する。

■コメント
●橋本環奈
元々原作は知っていましたが、20歳になり挑戦的なものをやりたいと思っていた中で、この作品はうってつけだと思い、出演を決めました。
SNS世代は様々な場面から様々なことをインプットできる環境にいますが、この作品では制限された理不尽さにまみれた状況下にいる若者たちがどんな行動をとるのか、人間の心理を描いています。その中で、芯の強さをもつ主人公の怜奈役を、感覚を研ぎ澄ませながら演じさせていただきました。20歳になって初めて撮影をした作品である今作の撮影は大変な面も多くありましたが、35人の生徒役のキャストの皆さんとスタッフに助けられながらつくりあげていき、思い入れのある作品になりました。この作品は突き抜けた描写もありつつ、スピード感がある、アトラクション感覚で観られるものとなっていると思うので、勇気をもって是非劇場でご覧いただけると嬉しいです。

●原作:宮月新
『シグナル100』に込めた思いは2つ、「理不尽」と「正義」です。
映画でもこの2つのテーマがしっかりと描かれています。
生きていれば「理不尽だなぁ」と思うことは沢山ありますが、突然100の自殺催眠が埋め込まれる程の理不尽はそうありません。
そんな究極の理不尽に立ち向かう橋本環奈さんの凛とした存在感が、この映画を本当に素晴らしいものにして下さっています。
皆様にはどうか、登場キャラクターそれぞれが抱く「正義」を最後まで見届けて頂ければと思います。

●作画:近藤しぐれ
初の連載作品が映画化され初の重なる作品で感慨深いものがあります。登場人物が多く、しかもエグい表現もあり自分の中の未知の領域を探っていく感じが楽しかったです。
橋本環奈さんがTVに出演され始めた頃は容姿の可愛さとハスキーヴォイスが相まった魅力的な少女という印象でした。しかし最近のドラマで二面性のある不良少女役を演じられていたのを拝見し更にファンになりました。そんな橋本さんに樫村を演じていただけた事とても光栄です。映画ならではの『シグナル100』の世界を是非お楽しみください!

●監督:竹葉リサ
初めて劇場で観た映画が『バトル・ロワイアル』でした。ミレニアムの冬に当時70歳の深作監督が世に送りだした衝撃作を観て「自分が同じ状況下に置かれたら……」などと様々な思いを巡らせたのを鮮明に覚えております。私の映画体験において欠かせない1本を製作された東映さんとご一緒できたのは感無量の一言です。原作に出会った時は、そのハイコンセプトな設定の虜になり、絶対に撮りたい! と思いました。生きることは戦いであり、催眠によって自分すらコントロールできなくなる最上の恐怖。「生き延びてやる!」という思いを持った36人の生徒、一人ひとりと向き合いながらつくりあげた作品です。そして、極限状態の中いつだって強く可憐な橋本環奈さん。瑞々しい役者さんたちの生命力が漲る作品に仕上がったと思います。是非ご期待ください。

●脚本:渡辺雄介
キラキラ青春映画のつもりが、フタを開けたらデスゲーム――という企画コンセプトと、人間の表裏を描く原作のエグさに心奪われ、七転八倒しながら 脚本を書きました。撮影現場にも連日同行する中で、橋本座長のスマートすぎる知性に感服しました。可憐さの裏にある正義感と責任感は、主人公・樫村怜奈そのものです。本作の登場人物たちと同様、我々は多くの「やってはいけないこと」に囲まれ暮らしています。この映画はそんな抑圧をブッ飛ばす作品です。どうか皆様の中にある脳内コンプライアンスを一時解除し、ご高覧いただければ幸いです。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む