Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

譜面絵画 vol.9「四人静」チラシ表

譜面絵画が紡ぐ、“記憶と記録”に内在する“瞬間と永遠”「四人静」

ナタリー

19/8/14(水) 18:46

譜面絵画「四人静」が、9月に岩手と東京で上演される。

脚本・演出・宣伝美術を手がける三橋亮太は、本作について「今回の演劇公演では、『記憶と記録』に内在する『瞬間と永遠』についてを扱っています。私たちが考える演劇とは、『目の前で見ている人へ、自由な想像力を喚起するもの』です。今、ここにあるもの・こと・人を大切に思いたいです」とコメントしている。

公演は9月15日に岩手・交流施設ほんまるの家、20日から22日まで東京・カフェムリウイにて。

三橋亮太コメント

最近、人との関係が最後になることが多いです。大学の卒業が近いこともそのひとつで、友人とこれから違う道に行くことを想像します。友人だけでなく、直感的に、「あ、この人とはもう会わないんだろうな」と思う瞬間も増えました。祖父の体調が悪くなったときや、誰かと意見が合わなかったときには、思いたくないですが最後を想像してしまいます。もしひとつの関係が終わっても、きっと新しい場所で新しい誰かと新しい関係を築いて、うまく生きていくのかもしれません。ですがやはり、あったものがなくなることというのは、つらく思います。それにまつわる写真を撮ってあっても虚しく思うこともあります。それは、どれだけ瞬間を束ねても永遠には届かないからです。今回の演劇公演では、「記憶と記録」に内在する「瞬間と永遠」についてを扱っています。私たちが考える演劇とは、「目の前で見ている人へ、自由な想像力を喚起するもの」です。今、ここにあるもの・こと・人を大切に思いたいです。ぜひお越しください。一同、お待ちしております。

譜面絵画 vol.9「四人静」

2019年9月15日(日)
岩手県 交流施設ほんまるの家

2019年9月20日(金)~22日(日)
東京都 カフェムリウイ

脚本・演出・宣伝美術:三橋亮太
出演:小見朋生、河崎正太郎、宮ヶ原萌、生艸東子、宇田奈々絵、長田佳菜恵

※河崎正太郎の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

アプリで読む