Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から松永大司、今市隆二。

「CINEMA FIGHTERS」今市隆二が“30テイク”の撮影回想、Q&Aで泣き出すファンも

ナタリー

19/10/30(水) 17:46

第32回東京国際映画祭内のオムニバス映画「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」特別上映が、本日10月30日に東京・EXシアター六本木で行われ、キャストの今市隆二(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)と監督の松永大司がQ&Aに登壇した。

この企画はEXILE HIRO、別所哲也、作詞家・小竹正人によるコラボプロジェクトの第3弾。今市と松永は、メキシコを舞台とした短編「On The Way」でタッグを組んだ。同作の劇中では、メキシコ移民をサポートするNPO法人に所属する母の代わりに、仕方なくメキシコにやってきた男性・健太の物語が描かれる。

本作で俳優デビューを果たした今市。「自分のタイプ的には、演技のレッスンを受けてから撮影に臨みたかったのですが、監督に相談したところ『何もしないでくれ』と言われて、レッスンも受けずにメキシコに入りました」と役作りを振り返る。以前の舞台挨拶では、初めての撮影で20テイク撮り直したと話していた今市だが、この日は「先ほど取材で監督と話していたら、30テイクだったとわかって……(笑)」と照れ笑い。その現場について松永は「テイクを重ねることで、今市隆二という人間が健太という役に同化していったと思う」と振り返る。さらに松永は「芝居でOKが出ないことで頭が真っ白になったり、ふがいなさを感じたり、隆二は責任を感じたと思う。それは健太が抱えている、誰にも言えない苦しみとリンクしていたはずです。そこからは、演技も本当によくなりました」と、今市の成長をたたえた。

現在アメリカ在住の松永は、移民問題を描くためにメキシコでリサーチを行い、移民センターを訪れて本作のテーマを確定させたそう。「移民センターの関係者の女性に『映画でこの場所を映したら、マフィアに狙われる危険もあるけど、撮影してもいいですか?』と聞いたところ、『撮ってほしい、こういう場所があることを伝えてほしい』と言われたんです。それで、ここで撮ることに決めました」と裏話を明かした。

観客からのQ&Aコーナーでは、当てられたファンが「『○○でさ』というセリフの言い回しが自然だったので、アドリブかなと思ったのですが……」と質問しながら泣き出してしまう一幕も。そんなファンを優しく見守り、耳を傾けていた今市は「監督に『言葉尻は隆二のやりたいようにやって』と言っていただけたので、ナチュラルな自分らしさが出たんじゃないかと思います」と答える。続いて、現地で気に入ったメキシコのグルメを聞かれた今市は、料理名を忘れてしまったようで「あっ……なんでしたっけ?」とオフマイクで松永にたずねたあと、「タコス!」とシンプルに答えて笑いを起こした。

最後に当てられたファンが「監督が引き出したかった、隆二くんの性格や感性はどんなところですか?」と質問しながら緊張で言葉を詰まらせてしまうと、今市は優しく「ゆっくりで大丈夫ですよ」と声を掛ける。その質問に松永は「素敵なところがいっぱいありましたが、言葉にすると安っぽくなっちゃうのと、僕だけのものにしたいので……ここに映っているものがすべてです」と笑う。「次にご一緒する機会があったら、隆二のまた別の魅力を撮ってみたいです」と話す松永に、今市は「ありがとうございます」とお辞儀をした。

「その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-」は11月8日に全国公開。今市と松永のほか、AKIRA、小林直己、佐野玲於、佐藤大樹、三池崇史、行定勲、洞内広樹、井上博貴が参加している。

(c)2019 CINEMA FIGHTERS project

アプリで読む