Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「NO MORE 恋泥棒」を歌う(左から)EXIT、葵夏美。

「なんのライブー!?」EXITがトークライブで2曲歌唱、葵夏美との新曲も

ナタリー

18/12/21(金) 13:33

昨日12月20日、EXITがトークライブ「とても趣がある夜~ションテンガルアーいとおかしnight~」をヨシモト∞ドームで開催。EXIT featuring NUTS-ME名義での新曲「NO MORE 恋泥棒」を初めてステージ上で披露した。

ライブのオープニングでは、EXITが持ち歌の「ネオチャラ」を1曲まるまる歌唱。これが終わると2人は「なんのライブー!? 長すぎる!」「最初はノッてたお客さんも長すぎて終盤は下向いてたからね」「ここに来てる人がその感じなら(ほかの場で歌うのは)もう無理!」と自虐気味にコメントする。その後のトークでは、EXITがまもなく結成1周年を迎えることに話題が及び、兼近が「記念日にはコンビ結成当初の熱いLINEを送ってくれ! 最近冷めてきてるから」と、りんたろー。に頼んで客席の笑いを誘っていた。

ライブの途中にはNUTS-MEこと葵夏美がゲストとして登場し、3人でミュージックビデオの撮影について振り返ることに。当時、EXITは嘘のラジオレギュラーが決まるというドッキリを仕掛けられた直後だったため、「NO MORE 恋泥棒」のリリースもドッキリだと思っていたそう。そのときの心境を「お立ち台の上で踊るシーンでは、いつ台が真っ二つに割れて下に落ちるのかドキドキしていた。『オールアップでーす!』と言われたときにビックリした」と話し、葵から「だとしたら私はどんだけ入念な仕込みの人なんですか!」とツッコまれていた。

最後はいよいよ「NO MORE 恋泥棒」の生パフォーマンス。3人の歌とダンスに会場からは大きな歓声が送られたが、兼近は「最後の振り付けだけ間違えちゃった!」と白状し、りんたろー。も「トークで大声出しすぎて声枯れちゃった!」と苦笑いを浮かべていた。

「NO MORE 恋泥棒」はiTunesやレコチョクなどで配信中。

アプリで読む