Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

藤原竜也が竹内涼真にマウンティング? 最強バディ誕生の瞬間を捉えた映画『太陽は動かない』特別映像公開

ぴあ

21/2/12(金) 21:00

映画『太陽は動かない』 ©吉田修一/幻冬舎 ©2020 「太陽は動かない」製作委員会

3月5日(金)より公開となる映画『太陽は動かない』より、藤原竜也と竹内涼真が演じる最強バディが誕生する瞬間を捉えた特別映像が公開となった。

本作は、『怒り』『悪人』など、ヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一の同名サスペンス小説を、『海猿』『暗殺教室』シリーズなどの羽住英一郎監督が壮大なスケールと、アクションシーンで映画化したノンストップ・サスペンス。心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織「AN通信」のエージェント鷹野(藤原)と相棒の田岡(竹内)が、24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐって各国のエージェントたちと命がけの頭脳戦を繰り広げる。

このたび公開となったのは、本編では描かれない鷹野と田岡が初めてが初めて出会うシーンの特別映像。本作で初共演を果たす藤原と竹内は、同じ事務所の先輩後輩という関係でありながら、劇中でも「AN通信」という組織の先輩後輩である。映像ではAN通信の司令塔である風間(佐藤浩市)が、鷹野に「お前もそろそろ人を育てる時期だ」と告げるシーンからスタート。そこに突然訪ねてきた田岡と名乗る青年に鷹野はどうしてすぐに訪ねて来ず、帰宅の瞬間を偵察していたのかとその真意を問う。「先輩が無能な人間だと俺も困るんで」と敢えてけしかけるように振る舞う田岡に対して、鷹野がとったのはマウンティングとも思われる行動だ。関係は最初から良好なものではなかったようだが、この瞬間の絶妙な間合いの掛け合いから、強い何かがふたりを結びつけたのだろう。

AN通信という表向きは小さなニュース配信会社を装い、世界を股にかけ国政や企業の裏で重要機密情報を入手し売買する優秀なエージェントが所属組織でありながら、24時間ごとの定期連絡を怠ると胸の心臓の爆弾が起動し、解除の申請をしないと5分以内で爆死してしまうという常に命の危険と隣合わせの究極のブラック企業で、幾度となく命の危険を乗り越えて生き延びてきた鷹野。そんな百戦錬磨の精鋭エージェントである彼が、イキのいい若手エージェントの田岡に見せた痛快な切り返しに注目してほしい。

映画『太陽は動かない』特別映像公開


映画『太陽は動かない』
3月5日(金)より公開

アプリで読む