Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

CINRA.NET

19/11/8(金) 18:50

『縄文族 JOMON TRIBE2』展が11月15から東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYで開催される。

『縄文族 JOMON TRIBE』は、タトゥーアーティストの大島托とフォトグラファーのケロッピー前田が、縄文の文様を抽出して現代的なタトゥーとして身体に彫り込むことで、縄文時代のタトゥーを復興しようというプロジェクト。企画の根底には「縄文時代にタトゥーはあったのか?」という問いがあるという。

TAV GALLERYでは2016年以来、2度目となる今回は、「文様のはじまりは土器か、タトゥーか?」という問いのもと作品を紹介。初日の11月15日にはレセプションパーティー、11月16日には大島托、ケロッピー前田、ゲストの松山賢が登壇する縄文タトゥーパフォーマンスとトークイベント、11月30日には大島托、ケロッピー前田、ゲストの黒瀬陽平による縄文タトゥーパフォーマンスとトークイベントが行なわれる。

アプリで読む