Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

稲垣吾郎&香取慎吾、『ななにー』で“役者・草なぎ剛”の魅力を熱弁 バラエティでも発揮される圧倒的な才能

リアルサウンド

20/9/7(月) 6:00

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾によるレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』(ABEMA ※以下、『ななにー』)#30が、9月6日に放送された。新型コロナウイルスの影響によって、各地の夏祭りが次々と中止になった2020年の夏。“夏らしい”ことが思い切りできなかった寂しさを拭うように、3人はオープニングから浴衣姿で登場。EXITや尾上松也と納涼対決を繰り広げて、夏の夜の楽しい思い出を彩ってくれた。

 そんな中、今回の生放送の主役は、間違いなく役者・草なぎ剛だった。主演映画『ミッドナイトスワン』の公開が9月25日(9月10日には先行上映も決定)と迫っている今、改めて草なぎの才能と魅力が見える回となった。

香取に「芝居をやめたい」とまで言わせた『ミッドナイトスワン』

 『ミッドナイトスワン』は、草なぎが初めてトランスジェンダー役に挑戦したことでも注目を集めている作品。物語は、新宿のニューハーフショークラブで働く凪沙(草なぎ)のもとに、ネグレクトにあった少女・一果(服部樹咲)が預けられるところから始まる。子どもなんて好きじゃなかったはずの凪沙だが、奇妙な共同生活を送るうちに、一果がバレエの才能を持っていることに気がつく。初めて知る“母性”に戸惑いながらも、一果のために生き始める凪沙。そんな常識も性も超えて、孤独な2人が寄り添いながら紡ぐ愛の物語だ。

 一足先に『ミッドナイトスワン』を見たという香取は、『ななにー』のオンエア前に、こんな感想をTwitterに投稿していた。

 親友として、グループのメンバーとして、長年苦楽を共にしてきた草なぎと香取。その根底には、香取が草なぎの才能にとことん惚れ込んでいたことがわかる。上映中、ずっと涙が止まらなかったという香取。ストーリー、キャスト陣の演技、そして、何よりも役者・草なぎ剛の姿に打ちのめされて、「もう2度と見られない映画」とまで語っていた。

 それだけの尊敬と愛を披露してしまったからなのか、この日の“しんつよ”はいつにも増して、兄弟喧嘩のようなワチャワチャが多めだった。ベッキー、池田成志、小島慶子を迎えた『お久しぶり企画』のコーナーでも、何かと言い合う2人。そして『ミッドナイトスワン』で共演した水川あさみ、真飛聖をゲストに迎えた新コーナー『72あるある!女優編』で、そのワチャワチャはピークに。

 特にシチュエーション別のセリフを即興で演じるコーナーでは、草なぎの演技を巡って、白熱した展開に。草なぎが「美味しすぎて“やばい”」「異性にときめいて“やばい”」「寝坊して“やばい”」「身の危険を感じて“やばい”」「楽しくて“やばい”」の中から、ジェスチャーなしの言い回しだけで「楽しくて“やばい”」を演じ分けなければならなくなったのだが、バラエティモードから抜けられない草なぎは「やばいっ!」と、なんともぎこちない笑顔を披露。

 これには、香取から「ないない!」と物言いが入る。しかし、何度やってもなかなか役者モードにならない草なぎ。ついには「俺、映画やったかなー(笑)」と首をかしげてしまう始末。リベンジするべく、今度は“さよなら”のお題に挑む草なぎ。「恋人に“さよなら”」「友だちと遊んだ後の“さよなら”」「旅立つ友人に“さよなら”」「卒業する生徒に“さよなら”」「10年使った洗濯機に“さよなら”」というお題のラインナップに、笑いが止まらない草なぎ。特に「洗濯機に“さよなら”」がツボに入ったようだ。

 それでも、香取は「彼はできるんです」と最後までその才能を信じてやまない。そして、誰もがこのまま面白おかしく締め括られると思っていたそのとき、草なぎの役者スイッチが急に入る。言葉を発する直前の息の吸い込み方から違うことがわかった。何よりも、その眼差しが全く違うのだ。その視線の先に、愛しい恋人がいることが瞬間的に伝わってくる目の演技に、思わず息を飲んだ。そしてスタジオに漂った一瞬の静寂を破ったのは、香取の「どうですか、みなさん!」の嬉しそうな声だった。

稲垣が引き出した、内田英治監督の「役者・草なぎ論」

 大親友、大ファンとしての香取のストレートなリスペクトに対して、稲垣はより冷静に草なぎの持つ才能を評価する。それが最も伝わってきたのが『インテリゴロウ』のコーナーだ。『ミッドナイトスワン』の脚本・監督を務めた内田英治を招き、取材現場の草なぎの様子を聞き出す稲垣。

 すると、内田監督の口からは「目の芝居が素晴らしい」との言葉が。先程の即興演技を見ていた視聴者ならば、すぐに納得できたに違いない。『ミッドナイトスワン』でも、一果がニューハーフショークラブのステージに立ち、バレエを披露するシーンがあるのだが、それを見る草なぎの目の芝居を、いち押しのシーンとして挙げる。当初、そこまでカメラが寄るシーンではなかったのだが、カメラマンが引き寄せられてしまったのだ、という裏話も。さらに草なぎの演技は、感情を返せる「受けの演技」だと内田監督が述べると、稲垣は役者としてある意味「究極」だと絶賛した。

 また、内田監督は草なぎがセットチェンジのときも凪沙の部屋から楽屋に帰ろうとしなかったことについて、最初は気を使っていたが、3日目にはすっかり同化していたという不思議な魅力を伝えていく。「僕ならすぐに楽屋に帰りたい」など、稲垣らしいツッコミを入れていくのも微笑ましい。

 実は、草なぎの舞台を観覧する香取、稲垣の姿を目撃していたという内田監督。そのときの2人のキラキラとした表情が印象的だったと振り返る。香取と形は異なれど、稲垣もまた草なぎの芝居に魅了されている1人なのだろう。メンバーとして誰よりも近くで、その勇姿を見届けてきたからこそ、この映画を「草なぎのさらなる可能性を広げる、転機となる作品」だと確信したようだ。

 『ミッドナイトスワン』を見て、「何十年も一緒にいて、見たことのない顔だった」と伝えたという稲垣。だが、当の草なぎは「本当? ありがと!」とライトな返事だったという。その掴みきれない部分と、圧倒的な才能を持ちながらも、バラエティではちょっぴり手がかかる幼さを感じさせるところが、草なぎが国民的に愛される理由だ。

 佐藤二朗を迎えた『ホンネトーク』では、泥酔ツイートで定期的に平和な炎上をしている佐藤と、草なぎが同類であることが判明。香取が『あさイチ』(NHK総合)に出演した際、50件を超える怒涛の実況ツイートをした理由を「するどい! 酔ってた!」と笑い飛ばす草なぎ。だが思いつきのようで、生放送の今しかないタイミングでつぶやきたかったという本質的な狙いを外していないのが、天才たる所以。

 今年は、『ミッドナイトスワン』が公開された先には、大河ドラマ『青天を衝け』の出演も控えている。役者・草なぎ剛の活躍を、稲垣&香取と共に大いに楽しみたい。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む