Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

楠見薫は9作目、井上拓哉は5作目 『おちょやん』を支える大阪朝ドラ常連俳優たち

リアルサウンド

20/12/19(土) 6:00

 回を追うごとに登場人物それぞれの人間味が増して、面白さが加速する『おちょやん』(NHK総合)。第3週は、ヒロインの千代(杉咲花)が奉公する芝居茶屋「岡安」の女将シズ(篠原涼子)と歌舞伎役者の早川延四郎(片岡松十郎)の密通の噂が道頓堀中に広まるという騒ぎが巻き起こった。

 千代たちお茶子が動揺し、あれこれ心配するのを見たシズは正直に延四郎とのことをみんなに打ち明ける。確かに恋仲になりかけたが、それはシズが岡安を継ぐためにお茶子修業をしていた20年前のこと。何もかも捨てて東京へと駆け落ちしようとしたことがあったが、当時の女将でシズの母であるハナ(宮田圭子)が引き留めた。仕事に厳しく、「岡安」ののれんを守ることを第一に考えているシズの切ない昔の恋の話なのだが、偶然シズと延四郎が再会していたところを「岡安」のライバルである老舗の芝居茶屋「福富」のお茶子に見られてしまったため大きな騒動になってしまったのだ。

 第13話では、「岡安」の台所で女中頭のかめ(楠見薫)のもとに千代やお茶子が集合。奉公人の中でも一番の情報通で、シズと延四郎の駆け落ち話にも詳しいかめを中心に話が盛り上がった。普段は座布団やお弁当を運んで忙しそうなのだが、「岡安」のお茶子は何か騒動があると一致団結して仲の良さを発揮している。

 かめを演じる楠見薫は朝ドラ常連女優の異名を取るほど、朝ドラの出演が多く、1996年放送の『ふたりっ子』から2019年放送の『スカーレット』まで8作に出演しており、『おちょやん』が9作目の朝ドラ出演となる。

 千代が9歳で初めて「岡安」にやってきたとき、大きく目を開き、一瞬だけ意地悪そうな値踏みするような表情を見せたが、千代との関係に変化が起こるたびに顔つきまで変わって、今ではすっかり打ち解けた雰囲気になっている。シズと延四郎の話をお茶子たちとしているときも、「かめ壺」と呼ばれる内緒のおやつ入れにおかきらしきものをたくさん用意しているチャーミングな姿も。女中あるあるというより、どこの職場にもいる親しみやすいキャラクターとなっている。

 お茶子たちが噂話で集まっているところにシズが登場して慌ててお皿を割ってしまい、新入りで女中見習いの里子(奥野此美)がシズに怒られそうになったところを「すんまへん」と、かめが初々しい表情で上目遣いに謝ったのもかわいらしく、おかしかった。

 実の家族と縁がなく、子供の頃から厳しい試練が降りかかる千代を取り巻く様々な人の中でも、かめは人一倍人情を感じさせ、千代と笑いや涙を共にして物語を盛り上げている。朝ドラ常連女優の実力が思う存分発揮される作品として、ますます期待がふくらむ。

 朝ドラ常連女優の活躍も素晴らしいが、老舗茶屋「福富」の跡取り息子、富川福助役の井上拓哉も負けていない。『あさが来た』(2015年放送)、『べっぴんさん』(2016年放送)、『わろてんか』(2017年放送)、『まんぷく』(2018年放送)と4年連続で朝ドラに出演。『おちょやん』で5回目の朝ドラ出演となる。

 『まんぷく』では、福子(安藤さくら)の姉、克子(松下奈緒)の長男・香田重之を演じ、好青年という印象を残した。『あさが来た』では、あさ(波瑠)の長女・千代(小芝風花)の結婚相手である東柳啓介(工藤阿須加)の友人、村田清二役。『べっぴんさん』では、すみれ(芳根京子)の夫、紀夫(永山絢斗)の戦友・中山照之を演じた。戦地からなかなか帰ってこない紀夫を心配しているすみれのところに紀夫から借りたという裁縫道具を返すためにやってきたシーン。登場した時間は長くないものの、余韻を残す演技が思い出される。

 『おちょやん』では、芝居茶屋の仕事には全く興味がなさそうで、いつもトランペットを吹いている福助をどう演じ、成長させていくのか。朝ドラは波乱万丈な人生を歩むヒロインの物語ではあるが、さまざまな出会いと別れ、温かい人情に触れることがヒロインを成長させていく。朝ドラならではの優しいやりとりが今後も繰り広げるのが楽しみであり、だからこそ朝ドラ常連俳優たちの活躍に期待しているのだ。

■池沢奈々見
恋愛ライター。コラムニスト。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おちょやん』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、井川遥、中村鴈治郎、名倉潤、板尾創路、 星田英利、いしのようこ、宮田圭子、西川忠志、東野絢香、若葉竜也、西村和彦、映美くらら、渋谷天外、若村麻由美ほか
語り:桂吉弥
脚本:八津弘幸
制作統括:櫻井壮一、熊野律時
音楽:サキタハヂメ
演出:椰川善郎、盆子原誠ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む