Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ランジャタイ。左から伊藤幸司、国崎和也。

ランジャタイがグレープカンパニーに所属「子供のころからの夢でした」

ナタリー

19/9/10(火) 10:00

ランジャタイが、グレープカンパニー所属となることを発表した。

伊藤幸司、国崎和也からなるランジャタイは、NSC東京校在学中に知り合い2007年に結成。2018年5月までオフィス北野で活動していた。先日行われたグレープカンパニー主催のライブ「漫才フェスティバル」でもオーディションに挑戦していることを明かしていた2人。このたび彼らからのコメントが到着し、伊藤は「事務所の皆様、そして偉大なる先輩たちのお力をたくさんお借りして、フリーでは出来なかったことをいっぱいしたいです!」と意気込み、国崎は「僕は何を隠そう、子供のころからの夢が、グレープカンパニーに入ることでした」とその喜びの大きさを表現している。

ランジャタイ コメント

伊藤幸司

グレープカンパニーに入れていただけることになりました!!
飛び跳ねるほど嬉しいです!!!
事務所の皆様、そして偉大なる先輩たちのお力をたくさんお借りして、フリーでは出来なかったことをいっぱいしたいです!
わけがわからないほど何かすごいことになりたいのでめちゃくちゃ頑張ります!!
もっともっと! 速くっ! 音速! 高速! でピカピカ動いて飛んでいきます!
みなさまに応援していただけたら僕たちは幸せです!

国崎和也

関係者の皆様、
このたびは本当に、本当にありがとうございます。本当にです。
僕は何を隠そう、子供のころからの夢が、グレープカンパニーに入ることでした。

これは母から聞きましたが、僕が生まれたときの最初の産声が、
「グレープ! カンパニー!」だったらしいのです。
それからというもの、僕の人生はグレープカンパニー一色になりました。

三度の飯よりグレープカンパニーが好き!!
小学校のクラブはもちろんグレープカンパニー部へ。もちろん、キャプテンでした!!

床屋へ行くときも、床屋のオヤジに必ず、
「前髪をカンパニーして! あとはグレープして下さい」と注文していました。

中学生の時にできた彼女の名前も、「グレプ田カンパニ子」といい、
なかなかの事務所似な彼女でした。(彼女とは先日、目利きの銀次で大ゲンカして別れました)
そして今でも、日に5時間は
グレープカンパニーさんの事務所がある方角を見つめていますし、
親にも、自分の名前を「国崎和也」じゃなく、「グレプ田カンパニ男」に変更するよう訴えて(両親とも猛反対)、
裁判で争っている最中です。

そして、今!! 、、、
夢が、叶う瞬間が、ついにやってきました。
ついに、です!!!
さあ、いざ!!!

ついに、入り、、、まし、、
あれ、まだ? 、、入り、りました?
あれ?
まだ、、あ、入り、え、?
え、? 、、え?、、
入りました? あれ?

あ! 今、です??

まだ?? 、え、あれ??
あれ?

え??

え、、? あ、入った!、、

まだ?? 、、え、

あ、。え?

え、、??

あれ??

??

あ、入り、え、入っ??

あ、れ? 、、、、

え? あ、

あ、れ?? 。、、え? 入っ、

え、?

え??

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

アプリで読む