Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

池田理代子による描き下ろしイラスト。(c)池田理代子プロダクション

ジュリアン・ムーア×渡辺謙×加瀬亮「ベル・カント」池田理代子によるイラスト到着

ナタリー

19/10/31(木) 12:00

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮が共演する「ベル・カント とらわれのアリア」より、マンガ家であり声楽家の池田理代子による描き下ろしイラストが到着した。

本作は、1996年の在ペルー日本大使公邸占拠事件にインスパイアされたアン・パチェットの小説を原作とする人間ドラマ。世界的なオペラ歌手のコンサートが開催されるはずだった南米某国の副大統領邸が、テロリストにより占拠されることから物語は展開する。ムーアがオペラ歌手のロクサーヌ・コス、渡辺が実業家のホソカワ、加瀬が通訳のゲンを演じた。

また渡辺、井上芳雄、檀れいらのコメントも到着。ドキュメンタリーの撮影でペルーに1カ月ほど滞在した経験を持つ渡辺は、帰国直後に事件を知ったそうで「大きなパーティーでしたので、もしもう一週間滞在していたら、そこに僕も居たかも知れないと言われたのです。事件が解決するまで放送も自粛され、事件の推移を見守ったのを今でも覚えています」と当時を振り返った。井上は「違う立場の人達が向き合い、生活を共にする中に、幻のユートピアを見た気がします。真実の愛を歌に託せば、全ての人に届くかもしれないという夢を抱いてしまうような」と述べ、檀は「芸術や学ぶことによって人質とテロリストから、平和を愛するただの人間になる。心と心が寄り添うその温かな時間は、人種を飛び越え人間としての大切なものを教えてくれる」とコメントしている。

ポール・ワイツが監督し、セバスチャン・コッホやクリストファー・ランバートも出演した「ベル・カント とらわれのアリア」は、11月15日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

渡辺謙(俳優)コメント

最初にお話を頂いたのは、もう10年近く前の話です。
911の後、世界で様々なテロが起きている中で、この話が受け入れて貰えるのかが懸案になり、企画は止まっていました。時代も変化して再び始動した時、この作品は運命なのだと感じました。
20数年前、僕はペルーにいました。ドキュメンタリーの撮影でほぼ一月旅していたのです。帰国してすぐ飛び込んできたニュースがあの「ペルー大使公邸人質事件」でした。大きなパーティーでしたので、もしもう一週間滞在していたら、そこに僕も居たかも知れないと言われたのです。事件が解決するまで放送も自粛され、事件の推移を見守ったのを今でも覚えています。
あの事件をモチーフにしたこの話を演じるのは勇気がいりました。事実とは異なりますが、生き方、考え方が違う人達があの特殊な空間の中でどんな時間を過ごしたのか、当時を思い出しながら演じました。

秋川雅史(テノール歌手)コメント

対立し合う彼らの心に届いた歌声は、本当に素晴らしかった。
音楽や歌には心を結びつける力があるのだと改めて感じる。

池谷裕二(東京大学教授)コメント

人間は社会性の生物。他者との交流を通じて「心」が生まれる。
このことがよくわかる映画。
愚かさ、慈しみ──人間という存在が愛おしくなった。

池田理代子(漫画家 / 声楽家)コメント

マイクを通さない生の歌声が、如何に空気を振るわせて人間の聴覚を刺激し、
感動を与えるか。
それこそがまさにベル・カントの神髄であり、このような奇跡をも生み出し得るのだと実感した。

井上芳雄(俳優)コメント

歌の力を感じる映画でした。
違う立場の人達が向き合い、生活を共にする中に、幻のユートピアを見た気がします。
真実の愛を歌に託せば、全ての人に届くかもしれないという夢を抱いてしまうような。
それでも、私達は歌い続けるしかありません。絶望から希望へと。

小堺一機 コメント

“氷山の一角”
ニュースでは水の上の氷しか見えない。その下の大きな真実。
さりげなく聞いていたセリフが見終わった後、水の中から浮かんでくるように心に残る。

涼風真世(女優)コメント

それぞれの「正義」と異なる「主張」。
相反する現実社会の中で、美しいメロディーは救いにはならなかったのか…。
心にずっしり響く物語でした。

檀れい(女優)コメント

芸術や学ぶことによって人質とテロリストから、平和を愛するただの人間になる。
心と心が寄り添うその温かな時間は、人種を飛び越え人間としての大切なものを
教えてくれる。宝物のような1本だ。

中野信子(脳科学者)コメント

極限状態の中に分断される人々を美しい歌声が結んでいく。
イデオロギーと芸術のはざまで育まれる愛と人間の絆に揺さぶられる。

名越康文(精神科医)コメント

英雄的な物語の裏側には、それを創作した人と、それを生きた人がいる。
生きた人の声は、歴史の闇に葬られる。映画はその闇に語らせようとする。
しかしそれは、真実を暴こうというジャーナリズムとは異なる。
もっと危うく矛盾に満ちたものに、映画は惹かれるのだ。

宮尾俊太郎(Kバレエ カンパニー プリンシパル)コメント

正しい事とは何か。
強い想いこそが芸術を生み出し人々を癒すのかもしれない。

茂木健一郎(脳科学者)コメント

破壊するのも、創造するのも人間。
極限の状況だから、真の姿が見える。絆が結ばれる。
つかの間とわかっているからこそ、一緒にいる時間を大切にしたい。
心に響くのは至上の芸術、そして愛である。

森公美子(歌手)コメント

テロリストは敵に違いない、その緊迫感の中に温かな人間愛が音楽、歌声によって生まれる。フレミングの歌声を映画の中で聞けた幸せに涙。
言語と国を超えた愛と友情に満ちた感動作だ。

森麻季(オペラ歌手)コメント

泣きました!
ドラマのクライマックスに美しいアリアが重なり、その歌詞がオペラ以上にぐっと心に語りかける。衝撃のラストをも浄化するような、美しい歌が印象的!

(c)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

アプリで読む