Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ミュージカル「ドン・ジュアン」囲み取材より。左から蓮佛美沙子、藤ヶ谷太輔、鶴見辰吾。

「ドン・ジュアン」開幕に藤ヶ谷太輔「抱かれるような気持ちで観に来て」

ナタリー

19/8/30(金) 21:30

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が主演を務めるミュージカル「ドン・ジュアン」が、本日8月30日に東京・TBS赤坂ACTシアターにて開幕。これに先がけて同日、囲み取材が行われた。

ミュージカル「ドン・ジュアン」は、2004年にカナダで初演され、2016年に生田大和の潤色・演出により宝塚歌劇団で日本初上演された作品。囲み取材にはキャストから藤ヶ谷、蓮佛美沙子、鶴見辰吾、潤色・脚色を担当する生田が登壇した。

ドン・ジュアン役の藤ヶ谷は「ミュージカル初挑戦で、何もかもが初めてなので大変です」と苦労を率直に語ると、生田を“いくちゃん”と呼んでいることを明かし、「いくちゃんを筆頭に、皆さんと一緒に作ってきました。周りに“ミュージカル百戦錬磨”の方々がたくさんいらっしゃるので、わからないことは聞いて、支えてもらって初日を迎えられたと思います」と語る。

またミュージカルの歌唱法について藤ヶ谷は「普段歌っているJ-POPと違うので苦労しました」と述べ、「ダンスとフェンシングでの殺陣もあるので、トレーニングと稽古をひたすら繰り返しました。舞台上からエネルギーと愛を受け取っていただければと思います」とアピールした。

続く生田は、藤ヶ谷を“たいちゃん”、蓮佛を“れんちゃん”、鶴見を“しんちゃん”、とカンパニー内で呼び合っていることを明かし、「たいちゃんは稽古場で女性にも男性にもモテる。座長として空気を作ってくれるので、みんなたいちゃんのことが大好きなんです。少し殺伐とした作品ですが、稽古場の雰囲気はものすごくアットホームでした」と笑顔を見せる。さらに藤ヶ谷について「『ドン・ジュアン』は普通のミュージカルに比べて、踊りも歌も多く、ドン・ジュアンは人の理解を超えた生き方をしている人間なので、(ゲネプロで)よく演じ切ってくれました」と賛辞を送った。

藤ヶ谷は稀代のプレイボーイであるドン・ジュアンについて「あれだけ女性からモテる役というのは演じていて気持ちがいいです(笑)。女性との絡みが初めてで、最初は演技で女性を乱雑に扱うということがうまくできなくて。自分がやり切らないと女性もリアクションが取れないので、心を“ドン・ジュアン”にしてがんばりました(笑)」と笑いを誘う。

「稽古場から、立っているだけでセクシーでした」と藤ヶ谷について述べるヒロイン・マリア役の蓮佛は、「最初は女性と絡むシーンでうれしそうにされていましたが(笑)、完璧なプレイボーイに昇華させて、素敵だなと思います」と絶賛。さらに藤ヶ谷とのラブシーンについて「観てくださる方は『キャー!』っていう気持ちになられると思いますが、演じるこちらも必死です(笑)」と心中を明かした。

鶴見は藤ヶ谷について「彼は誰よりも最後まで稽古場にいて、みっちり歌の稽古を繰り返していて、主役たる振る舞いを堂々としていました」とエピソードを語り、「真面目で純粋な人が、悪くてセクシーでヤバい男を演じると、またいいんですよね」と目を細める。さらに「僕は彼ぐらいの歳のときは、“リアルドン・ジュアン”でした(笑)」と発言し、会場を沸かせた。

最後に藤ヶ谷は「キスシーンもあったりするので、ファンのみんなは嫉妬する場面もあるかもしれませんが、観終わったあと、『私もドン・ジュアンに抱かれたい』と思ってもらいたいなと。抱かれるような気持ちで観に来ていただければ!」と来場を呼びかけた。

本作の上演時間は途中休憩を含む約2時間50分。東京公演は9月18日まで行われ、10月1日から5日までは、刈谷市総合文化センター 大ホールにて愛知公演が行われる。

ミュージカル「ドン・ジュアン」

2019年8月30日(金)~9月18日(水)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2019年10月1日(火)~5日(土)
愛知県 刈谷市総合文化センター 大ホール

作詞・作曲:フェリックス・グレイ
潤色・演出:生田大和(宝塚歌劇団)
出演:藤ヶ谷太輔 / 蓮佛美沙子 / 平間壮一、上口耕平、恒松祐里 / 吉野圭吾、大石裕香、春野寿美礼 / 鶴見辰吾
アンサンブル(男女別五十音順):風間無限、鹿糠友和、仙名立宗、高瀬育海、俵和也、西田健二、MAOTO、宮垣祐也、渡辺崇人、弓野梨佳、小石川茉莉愛、島田友愛、鈴木百花、谷須美子、則松亜海、花岡麻里名、平井琴望、松島蘭

アプリで読む