Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

今年はオンライン配信!
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 特集

9月26日(土)~10月4日(日) シネマディスカバリーズにて配信

PR

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020公式サイト/SNS

白石和彌監督、中野量太監督などを輩出した映画祭

〈SKIPシティ国際Dシネマ映画祭〉が今年はオンラインで開催!

2004年に埼玉県川口市で産声を上げた〈SKIPシティ国際Dシネマ映画祭〉は今年で17回目。いまでは主流となったデジタルシネマにいち早く着目した国際映画祭だ。若い才能の発掘と育成を掲げ、国内では新作『浅田家!』の公開が控える中野量太監督、現在の日本映画界を牽引する『凶悪』の白石和彌監督、海外ではカンヌ国際映画祭で3作連続の受賞を果たすヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督らを見い出し紹介。今では若手監督の登竜門的映画祭として知られる。

例年は世界から若き映画人が会場に集結するが、今年はコロナ禍を受け、オンライン配信での開催に。国際コンペティション及び国内(長編・短編)コンペティションに絞って実施する。しかし、形式はかわっても、映画祭の「若手作家たちに発表の場を」という想いは例年と同じ。初めての試みに期待したい。

俳優・若葉竜也が監督を務めた短編も!
選りすぐりの長編5本&短編9本が揃った国内コンペティション

©ルネシネマ ©2020 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED. 

国内コンペティションは、デジタルで撮影・編集され 2019年、2020年に完成した日本国内作品が対象。長編部門では60 分以上の作品、短編部門は 15 分以上60 分未満の作品が対象となる。厳選なる審査の結果、本年度は長編部門は78作品の中から5本、短編部門は286作品の中から9本が選出された。

長編部門には、昨年『ミは未来のミ』でもノミネートされた磯部鉄平監督の『コーンフレーク』や、『カメラを止めるな!』のしゅはまはるみが出演する『あらののはて』、アニメーターとしても活躍する一方、初長編『東京不穏詩』が劇場公開され話題を呼んだアンシュル・チョウハン監督の『コントラ』、短編部門には、出演作『生きちゃった』の公開が控える俳優の若葉竜也が監督を務めた『来夢来人』や、占部房子と黒田大輔というキャリア豊富な俳優を配した宮田一通監督の『つぐない』など、新進気鋭の監督たちの意欲作が顔を揃える。

これまでに長編部門では、ロングランヒットを記録した『岬の兄妹』の片山慎三監督、短編部門では、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督らを輩出している同部門から、今年はどんな才能を秘めた監督が見いだされるのか注目したい。

国内コンペの審査員・沖田修一監督を直撃!
「作り手の想いや情熱が感じられるかどうかを見ていきたい!」 

今年の国内コンペティション審査員を務める沖田修一監督

僕は埼玉出身なんですけど、残念ながらこれまでSKIPシティ国際Dシネマ映画祭とはあまりご縁がなかった。ただ、2018年の開催で、15周年特別企画「飛翔する監督たち from SAITAMA」の中で、『横道世之介』を上映する機会に恵まれまして、そこで初めて映画祭を訪れました。上映環境もすばらしいし、なんと映像制作のための施設もある。もっと早くに『出会いたかった』と思いましたね(苦笑)。

そのつながりがあって、今回、審査員のお話をいただいたと思うのですが、これは光栄なことで。いまコロナ禍で映画業界は大変なことになっているのはみなさんご存知だと思います。映画祭も同じで中止の判断に至ったところもある。映画祭を足掛かりに飛躍したいと願っている若い映画作家さんたちの発表の場がどんどん失われている。

その中で、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、オンライン形式にはなりましたけど映画祭実施することを決断した。それはすばらしいことで、自分が少しでも力になれるのならばと審査員をお引き受けすることにしました。

といいつつも、何度か審査員は経験しているのですが、いつも「これでよかったのか」と反省することしきり(笑)。今回もすごく悩むと思います。その審査をする上で、僕が大切にしているのは、やはりその作り手の本気度といいますか。この作品をほんとうに作りたくて作っているのかは重要で。やはりその主題やテーマ、描きたいことに真剣に向き合っているかどうかは映像に現れてくるところがある。作り手の想いや情熱はどこか映像に入るし、それが滲み出る。うまいとか、下手とかいうより、完成度が高い低いよりも、そういうところを僕はみたいなと思っています。

僕もかつて審査を受ける立場の時期もあって、そのときの審査員の言葉を今も覚えいる。また、当時、作品を観てくださったプロデューサーにいまもお世話になっていたりする。ほんとうに映画祭の場は自分の道を切り開く可能性がある。そういう意味で、下手なことは言えない。そのときのひと言が自分の自信になったり、次への意欲につながったりするんですよね。ですから、責任重大で心して挑まないとと思っています。今回、直接お会いできる機会があるかどうかまだわからないですけど、どのような形でもいいので、その作り手さんに僕が感じた良かった点は必ず伝えられたらと思っています。

最後に、個人的な願いとしては、自分も大いに刺激を受けるような国内の監督に出会えたらと思っています。

“SKIPシティの常連” 磯部鉄平監督に訊いた映画祭の魅力
「作り手としてもひとりの観客としても存分に楽しめる場所」

今年は長編部門でノミネートした『コンフレーク』の磯部鉄平監督

僕は、今年でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭には3年連続での参加。その前には助監督を務めた『見栄を張る』でも参加していて、自分にとっては最もお世話になっていて所縁のある映画祭です。

SKIPシティの映画祭の魅力はひと言では言い尽くせない。まず、ひとつ言えるのは、国際コンペティションにしても国内コンペティションにしても、作品のクオリティがめちゃめちゃ高い。ほんとうに何百本の中から選出された作品ですから、どの作品にも見るべきところがある。

それから、SKIPシティの場合、ジャンル不問ですから、ほんとうにいろいろなタイプの作品があるんですよね。それは国際コンペも国内コンペの長編、短編にかかわらず、僕の今年ノミネートされた作品『コーンフレーク』のような恋愛コメディみたいなタイプもあれば、サスペンスもある、アクションものが入っていたりもする。

同棲7年目の男女を描く『コンフレーク』 ©belly roll film

こういうさまざまなタイプの作品が顔を揃える映画祭って、それほどないような気がします。ですから、僕はもちろん作り手ではあるんですけど、毎回、ひとりの観客としても映画祭を存分に楽しんでいるというか。ほかの来場者の方と同じで、タイムスケジュールとにらめっこして、朝から夜まで、「今日はこの作品のあとは、これみて」みたいに上映作品をはしごしてできるだけ多くの作品をみるようにしていて、ひとりの観客として楽しんじゃっています(笑)。

もちろん、作り手としても刺激を受けことが多い。自分とは違うタイプの監督や作品に触れることで、勉強になることが多々ありますね。

今年はオンライン配信での開催。実際に会場で直接、作品を観てくださった方とお話できる機会がないのはかなり残念。ただ、僕はいまオンラインならではの開催に期待をしています。

それこそオンラインによって、たとえば北海道とか沖縄の方にみていただけるかもしれない。より多くの方に観ていただける可能性がある。この可能性の広がりはすごくうれしいです。僕らインディペンデントで映画を作っている人間は、まず自分の作品をみていただいて、知ってもらうことが重要で。ここからが始まりで、まずひとりでも多くの方に観て知ってもらって、先につなげていきたい。ですから、僕としてはオンラインになりましたけど、大きなチャンスの場をいただけたのかなとうれしく思っています。

あと、長編作品が300円で、短編作品が100円、全作品見放題プランのフリーパスが1480円。僕だったら間違いなくフリーパスで全作品チェックしたい。ほんとうにお得なので、いろいろな作品に出会ってもらえたらいいかなと。それで、僕の『コーンフレーク』も興味をもっていただいてみていただけたらうれしいです。



(取材・文・磯部監督撮影:水上賢治)

好きな時間に、好きな場所で! オンライン視聴方法

【STEP1】 シネマディスカバリーズで無料登録!
【STEP2】 シネマディスカバリーズ内特設サイトで作品選択!
【STEP3】 視聴プラン選択!

視聴には配信サイト「シネマディスカバリーズ」の会員登録(無料)が必要だが、手順はいたってシンプル! 好きな時間に、好きな場所で視聴できるのもオンラインの強みだ。そして何といっても注目なのは、長編は300円(税込)、短編は100円(税込)というとてもお手軽な料金設定! これまで興味はあったけどなかなか現地まで行けなかったそこのあなた、今年はチャンスです! 映画祭最終日前日、10月3日の14時まで観客賞の投票もオンライン上で行っているので、あなたの目で新たな才能を発見してみては?

視聴方法詳細はコチラ

【視聴可能期間】2020年9月26日(土)9:00 ~ 10月4日(日)23:00

【視聴料金】
①単品購入プラン
国際コンペティション、国内コンペティション長編部門1作品300円(税込)
国内コンペティション短編部門1作品100円(税込)
➁SKIPシティ映画祭フリーパス(見放題プラン)
1,480円(税込)
※長編作品を5本以上ご覧になる場合は見放題プランの方がお得になります。

【注意事項】
※単品購入の場合は、ご購入後48時間のご視聴が可能です。
※シネマディスカバリーズで配信されている本映画祭上映作品以外の作品はご視聴いただけません。
※国際コンペティションの5作品(『南スーダンの闇と光』『願い』『リル・バック/メンフィスの白鳥』『シュテルン、過激な90歳』『ペリカン・ブラッド』)は作品権利上の都合により視聴回数制限があります。該当作品は、映画祭期間中であっても、再生回数が1,000回に達した時点で配信終了となります。予めご了承くださいますようお願いいたします。



新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む