Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

大正ベルエポックプログラム 展覧会形式の演劇作品 Contondo #13「ポランの広場」フライヤー表

Contondoが展覧会形式で宮沢賢治「ポランの広場」上演、会場は揚輝荘

ナタリー

19/6/30(日) 17:06

Contondo「ポランの広場」が、7月13・14日に愛知・揚輝荘 南園聴松閣で上演される。

これは大正時代の戯曲を上演する企画・大正ベルエポックプログラムの第2弾。宮沢賢治の「ポランの広場」を扱う今回は、17:00から19:30のあいだ入退場自由となる会場にて、展覧会形式で公演が行われる。構成・演出と“てしごと”は紺野ぶどうが担当し、“ことのは”を劇団蒼天の猫標識のまとい、“おんがく”をイザワヒロトが手がける。

なお会場となる揚輝荘は、大正時代から昭和時代初期にかけ、松坂屋の初代社長である15代伊藤次郎左衛門祐民によって作られた別荘。2008年には、建造物5棟が名古屋市の有形文化財に指定されている。

大正ベルエポックプログラム 展覧会形式の演劇作品 Contondo #13「ポランの広場」

2019年7月13日(土)・14日(日)17:00~19:30
愛知県 揚輝荘 南園聴松閣

作:宮沢賢治
構成・演出:紺野ぶどう

アプリで読む