Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「うちの執事が言うことには」公開記念舞台挨拶の様子。

「うち執」永瀬廉が“愛犬”にメロメロ、神宮寺勇太は“全宮寺”イラスト披露

ナタリー

19/5/18(土) 15:30

「うちの執事が言うことには」の公開記念イベントが、本日5月18日に東京・丸の内TOEIにて開催され、キャストの永瀬廉(King & Prince)、清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)、 優希美青、神尾楓珠、監督の久万真路が登壇した。

高里椎奈の同名小説をもとにした本作は、名門・烏丸家第27代当主の花穎と彼に仕える新執事・衣更月蒼馬が、烏丸家に降りかかる陰謀と難事件に立ち向かうさまを描く物語。

花穎役の永瀬は、1年前に撮影した本作について「自分のアルバムを見ているような感じ。そのときの思い出が“プン”とよみがえるような」と独特な擬音を用いて語る。本作のPRのために100以上の媒体で取材を受けたという永瀬は「それだけ注目していただけているのかとプレッシャーでしたけど、初めての経験だったのでそれさえも楽しくて、あっという間でしたね」と振り返った。

そんな永瀬の初主演ぶりを、衣更月役の清原は「永瀬廉は人を巻き込む力を持っていると思いましたね。現場に入ってくると、スタッフさんも僕も(士気が)上がるんです」とたたえる。すると永瀬は「もう1回言ってもらっていい?」「ここ、ニュースのタイトルでお願いします」とマスコミ陣にアピール。さらにミステリアスな学生起業家・赤目刻弥役の神宮寺が「初主演と思えないくらい堂々としていて、廉が現場入りすると華やかな空気になるんです」と言うと、永瀬は「もう1回言ったほうがいいんじゃない?」「え? 誰が来ると華やかになる?」と繰り返すよう促していた。

ハウスキーパー代理・雪倉美優役の優希は、永瀬との現場での思い出を「私は(『名探偵コナン』の)コナンくんが好きなので、コナンくんとのなれそめを聞いてもらいました」と紹介して笑いを起こす。同じくハウスキーパー代理・雪倉峻役の神尾は、撮影後に永瀬と2人で食事に行ったことを明かし「急に誘ってくれたんです。何があったのかわかんないですけど(笑)」と回想。すると永瀬は「2人とも誕生日が近いんですよ。あれ、迷惑やった感じ?」と笑いつつ、「実はほんまに申し訳ないことがあって。1回プライベートでフットサルで遊んだことがあったのに、現場で『はじめまして』って言ってもうて。そのお詫びも込めて食事に行きたかった」と公の場で謝罪した。

ここでキャストたちが、本作の見どころを手描きイラストで紹介することに。「いろんな表情を見てもらいたい」という理由から刻弥の顔を5つ描いた神宮寺が「全部僕です」と紹介すると、永瀬が「これ“全宮寺!?”」と聞き返して笑いを誘う。また永瀬が、花穎の愛犬・ペロや、花穎と刻弥がハグするシーンを描いたフリップを出すと、その奇妙なタッチに驚いた観客から小さな悲鳴が。永瀬は「神宮寺、すごい照れてたんですよ。それを(頬の)グルグルで表現しました」と解説している横で、神宮寺は「やばい、この人」とリアクションしていた。

舞台挨拶では、キャストたちの成長ぶりを見た久万が「今の彼らもいいけど、1年前の初々しい感じが、この映画の世界観にはマッチしていた。今の彼らでは撮れないものが映っているので、去年撮影できたことを感謝しています」と話す場面も。そして終盤には、ペロ役の犬・カイルがステージにサプライズ登場。永瀬は「でかっ! 1年でペロが一番成長してる」と驚きながらも、愛おしそうにカイルをなでた。

最後に永瀬は「ちょっとお色直ししていいですか?」と言っておもむろに作品公式グッズのミラーを取り出し、神宮寺とともにさまざまなグッズを宣伝。それから「全国の方々がこの映画を観て、あったかい気持ちになればいいな」と挨拶した。

「うちの執事が言うことには」は、全国で上映中。

(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

アプリで読む