Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」完成披露舞台挨拶にて、前列左からともさかりえ、板谷由夏、篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、渡辺直美。後列左から田辺桃子、山本舞香、池田エライザ、野田美桜、富田望生、大根仁。

「SUNNY」篠原涼子、広瀬すず似の整形を希望?「それかCG加工してください」

ナタリー

18/7/30(月) 21:00

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の完成披露舞台挨拶が、本日7月30日に東京・恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホールで行われ、キャストの篠原涼子、広瀬すず、監督の大根仁らが登壇した。

韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」をアレンジした本作は、平凡な専業主婦・奈美が余命わずかな親友・芹香の願いを叶えるため、高校時代の仲良しグループ“SUNNY”のメンバー再集結に向け奔走するさまを描く物語。舞台挨拶には篠原、広瀬、大根のほか、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生が出席し、安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」、小沢健二「強い気持ち・強い愛」など劇中で流れる1990年代のヒット曲をバックに皆ノリノリで観客の前に現れた。

劇中では篠原、板谷、小池、ともさか、渡辺が大人になったSUNNYのメンバーを演じ、広瀬、池田、山本、野田、田辺、富田はコギャルブーム真っ只中の1990年代を背景に女子高生時代のSUNNYに扮している。奈美を演じた篠原は、女子高生時代の奈美役が広瀬だと知った際の心境を「似ても似つかないし、これ本当に公開できるの?って。広瀬すず似の整形してくださいって言おう、それか監督に『お金かかるかもしれませんがCG加工してください』って言おうと本気で思いました。申し訳ないくらい(広瀬が)かわいいじゃないですか」と打ち明ける。

対する広瀬は恐縮しながら「(昔の奈美は)けっこう弾けた役でもあったので、どうやったら篠原さんにつながるんだろう?というくらい弾けてしまって。反省しています」と自身の演技を述懐。篠原は「何を言っても大丈夫。かわいいから」とフォローし、広瀬を愛しげに見つめていた。

“女子高生SUNNY”を演じたキャストたちは、細眉や肌の色などメイクの話で大盛り上がり。野田が「謎の茶色いスプレーを毎朝体に吹きかけられた」とガングロメイクを振り返ると、田辺も「見えるところは全部(肌を)黒くして。それでやっとスイッチオンだった」と続く。大根の演出にも力が入っていたようで、山本は「監督が怖かったです」と回想。大根は「女子高生チームを演出するときは、演劇部の鬼顧問みたいに厳しく(笑)。テンションとかわからないだろうから、慣れさせるために何度もやってもらいました。大人たちは逆に『もうちょっと静かに』って(笑)」と明かし、コギャルの再現度の高さに自信をのぞかせる。

本作の音楽を担当したのは、1990年代のヒット曲を多数手がけた小室哲哉。彼のプロデュースした「恋しさと せつなさと 心強さと」で大ヒットを飛ばした篠原は、今回の小室とのコラボレーションについて「すごく衝撃的な運命を感じました」と感激を伝えた。大根は「小室さんにとっては最後の映画音楽になるということで。青春音楽映画と呼ぶにふさわしい作品ができました」と胸を張る。また劇伴制作に関しては小室とLINEでやり取りしていたそうで「小室さんはLINEではけっこう甘えてくる。『どうかなあ?』みたいな。褒めると 『すごくうれしい』って。途中、ちょっと女の子とやり取りしてるみたいに思えました(笑)」と裏話を明かした。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は8月31日より全国ロードショー。

(c)2018「SUNNY」製作委員会

アプリで読む