Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「NEWS AWARDS 2018」の様子。

LINE NEWSが選ぶ“話題の人”に乃木坂46齋藤飛鳥ら、DA PUMPは「U.S.A.」生披露

ナタリー

18/12/10(月) 15:58

本日12月10日に東京・ザ・プリンスパークタワー東京にてLINE NEWSの表彰式「LINE NEWS Presents『NEWS AWARDS 2018』」が開催され、DA PUMP、齋藤飛鳥(乃木坂46)、若月佑美、くっきー(野性爆弾)、前澤友作らが出席した。

この表彰式はLINEの運営するニュースサービス「LINE NEWS」において、2018年を彩った話題の人を選出、表彰するもの。「実業家・政治家」「アイドル」「文化人」「アーティスト」「アスリート」「芸人」「俳優・女優」の7部門で計7組が受賞者に選ばれ、受賞者は表彰を受けると共に2018年を振り返るトークセッションを行った。

「アイドル部門」受賞者として最初に名前を呼ばれた齋藤はボリュームのあるプリーツのロングドレスでステージに登場。トロフィーを受け取ると「今の時代とにかくアイドルの方がたくさんいらっしゃって、私はその中の1人のはずなのですが……LINE NEWSの方に見つけていただき取り上げていただいて、うれしいなと思います」と心境を語る。「アーティスト部門」受賞者のDA PUMPは壇上で「U.S.A.」を生披露。ISSAは「今年は『U.S.A.』でいろんなところに行くことができましたし、いろんな世代の方に観てもらう機会があったので、本当に感謝の1年を過ごさせていただきました」とコメントした。また乃木坂46を卒業したばかりの若月は「文化人部門」受賞者の福田雄一の代理として登壇し「今年は福田さんがたくさん活躍されていましたけど、私にとっても福田イヤー。たくさん女優としての私を起用してくださって、感謝しています」と思いを述べた。

トークセッションでは、司会のクリス・ペプラーが受賞者に次々と質問を投げかけていく。アイドル活動と女優活動の違いについて聞かれた齋藤は「なんだろう……」と首をかしげつつ「私はどちらも中途半端な感じでごまかしごまかしやっているので……申し訳ないです。たいそうなことはしていないので」と謙遜のコメント。2019年の目標については「普段静かに過ごしているタイプなので、もっとアクティブにいろんなことに挑戦して、お仕事もプライベートも充実させられたらなと思います」と思いを明かす。ISSAは「U.S.A.」の制作秘話を問われ「僕らの事務所はユーロビート(の曲)に強いんです。でも自分たちは初めてだったから最初は違和感がありました」「デモの時点で『社長に聴かせるなら本気で録っちゃおう』と完成形のものを作ったというのはほかでしゃべっていないかな」と告白。今年のブレイクで感じた環境の変化についてはYORIが「泊まらせてもらえるホテル、お弁当のグレードが1つ上がりましたし、最近新幹線もグリーン車に乗せてもらえるようになりました!」と笑顔を見せ、KIMIは「10年いろいろあった中で、この7人で紅白のステージに立てることがうれしく思います」と年末のNHK「第69回NHK紅白歌合戦」への意気込みを語った。

最後に司会が来年の抱負を登壇者に求めると、若月は「今日初めて、乃木坂46を卒業したんだなってことを実感しました! 飛鳥ちゃんがここにいるけど、楽屋が別にあって……1人でがんばらないといけないんだなって」と語り「卒業して初めての場での役割が代理人。それが自分らしいと思いつつ(笑)、いつかは自分の名前で賞をいただけるような女優さんになりたいなと思います」とコメントする。そして齋藤は「若月をはじめ、2018年は卒業メンバーが多くて。寂しい思いがありながらも残った私たちはがんばらないとと思ったので……力を抜きつつ進んでいけたらなと思います」と述べ、ISSAは「感謝の気持ちを多くの場所に行ってお返しできる、そんなライブができればなと思います」と積極的なライブ活動を来年の目標に据えていた。

アプリで読む