Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「恋恋豆花」舞台挨拶の様子。左から大島葉子、モトーラ世理奈、今関あきよし。

「恋恋豆花」モトーラ世理奈の“異質”な私服に監督が「それで外歩いたらダメ!」

ナタリー

19/10/18(金) 15:45

京都国際映画祭2019の特別招待作品「恋恋豆花」の舞台挨拶が、本日10月18日に京都・よしもと祇園花月で行われ、キャストのモトーラ世理奈、大島葉子、監督を務めた今関あきよしが登壇した。

台湾を舞台とする本作は、恋愛も人間関係もつまらなくなり大学中退を考えている主人公・奈央が、父の3度目の結婚相手である女性・綾とともに台湾旅行へ出るさまを描くヒューマンドラマ。モトーラが奈央、大島が綾を演じた。

イベントは浅越ゴエ(ザ・プラン9)がMCを務めて進行。高校時代に友人と京都を旅行したというモトーラは、浅越に思い出を問われると「深夜バスで朝の4時に到着して、清水寺で朝日を見ようと思ったんです。もうすぐかなと待っていたんですけど、(朝日が)逆方向で見られなかったんです……リサーチ不足でした」と恥ずかしそうに述べ、観客を笑わせた。

今関は奈央役を選ぶオーディションでのモトーラの姿を回想する。「有名な方もたくさん参加してくださったんですが、その中でもモトちゃんは異質でした。部屋着の延長線上の服を衣装に指定していたんですけど、モトちゃんは『それで外歩いたらダメだろう!』という服装で来たので(笑)」と明かす。すでに出演が決まっていた大島と芝居の相性がよかったことも決め手だったといい、今関は「お母さんを責めるというワンシーンを演じてもらったんですが、葉子が泣いてしまったんですよ」と述懐。大島は「ほかの子たちもすごく上手だったんですが、彼女のときだけ心がとても動いたんです」と当時を思い返した。

台湾でのロケについて、大島は「撮影は3週間弱だったんですが、よく食べました(笑)」とコメント。モトーラは「豆花もすごくおいしかったんですけど、イカ団子のスープがとてもおいしかったですね。台湾は優しい味の食べ物が多い印象でした」と語る。今関は現地ではゲリラ撮影を行う場面も多かったといい、「それでも現地の方から文句は出ず、優しい方が多かったなと思いました」と振り返った。

最後にモトーラは「この映画をご覧いただいて、皆さんの中にほっこりと温かいものが生まれたんじゃないかなと思います。どうかそれを大事に持ち帰っていただいて、よろしければお友達にお薦めしていただけるとうれしいです」とほほえんだ。

「恋恋豆花」は、2020年2月より東京・K's cinemaほか全国で順次公開。京都国際映画祭2019は10月20日まで京都市内で開催される。

(c)2019「恋恋豆花」製作委員会

アプリで読む