Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

セレスト・ブルシエ=ムジュノ『クリナメン v.2』2013年 Installation view: Centre Pompidou-Metz ©Céleste Boursier-Mougenot Photo: Rémi Bertrand

ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

CINRA.NET

19/7/6(土) 18:00

展覧会『シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート』が、8月10日から神奈川・箱根のポーラ美術館で開催される。

同展は、ポーラ美術館にとって初となる現代美術作家に焦点を当てた展覧会。ポーラ美術館が所蔵する絵画、彫刻、東洋陶磁など多岐にわたるコレクションを、現代美術作家の作品と共に紹介する。

出展作家は、オリバー・ビア、アブデルカデル・バンシャンマ、カンディダ・ヘーファー、石塚元太良、磯谷博史、アリシア・クワデ、セレスト・ブルシエ=ムジュノ、スーザン・フィリップス、プリンツ・ゴラム、ヴォルフガング・ティルマンス、渡辺豊、横溝静、ポーラ美術館コレクションから、ピエール=オーギュスト・ルノワール、クロード・モネ、オーギュスト・ロダン、ポール・セザンヌ、アンリ・マティス、パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリら。出品作品は50点以上を予定している。

アプリで読む