Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ichikaというプレイヤーの可能性 独創的なスタイルとInstagramで広がるネットワーク

リアルサウンド

19/5/9(木) 7:00

 4月28日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で川谷絵音が紹介し、大きな注目を集めたギタリストのichika。2016年にInstagramでの演奏動画の投稿から活動をスタートさせると、瞬く間に国内外から称賛の声が届き、現在はソロと並行して、川谷とのインストバンドichikoroでも活動している。5月7日時点でInstagramのフォロワーは18万人超えで、「日本人のみならず」というよりも、むしろ世界からの注目が先行している感もある中、改めて、彼の魅力と可能性について紹介したい。

(関連:川谷絵音×ちゃんMARI対談 バンドが起こす化学変化の面白さ「想像できなかった方向に進んでいる」

 ichikaの楽曲やSNSでの動画におけるテクニカルかつ独創的なプレイスタイルの背景として大きいのは、彼がもともとジャズピアノを演奏していたということ。かつてビル・エヴァンスに憧れてソリストを目指したが、途中でギターに転身し、ソロピアノで描かれるストーリーや感情をギターインストで描くため、ピアノのプレイをギターに置き換えた結果として生まれたのが、あの両手でのタッピングを駆使した奏法なのだ。「ギター以外の楽器をギターで表現する」という発想は、ペトロールズの長岡亮介にも近いかもしれない。

 また、昨年はギターインストの『she waits patiently』と、ベースインストの『he never fades』を同時に発表しているように、ギターだけではなく、ベースをプレイするというのも彼の特徴のひとつ。トレードマークとなったIbanezの7弦ギター(現在は6弦や8弦など幅広くプレイ)は、ピアノやベースにも劣らないレンジの広い音域を奏でるために必要不可欠で、それが彼のプレイの幅をさらに広げることにもなっている。

 そして、テクニカルなプレイを習得するために重要だったのが、ジャズの次にハマったというメタルで、Iron Maidenにはじまり、Veil of MayaのようなDjentと呼ばれるプログレッシブなメタルを聴き、リフ、コード、リズムなどの面で強い影響を受けたという。これはPeople In The Boxの波多野裕文や、the cabs~österreichの高橋國光といった、日本のポストロック史の中でも異彩を放つ個性的なギタリストにも通じるもの。ポリリズムや変拍子の感覚は、現代のジャズとも通じるものがあると言えそうだ。

 音源で聴くことのできる深いリヴァーブのかかった独特な音質のクリーントーンも彼ならではのもので、そのアンビエント~ニューエイジな音像は非常に現代的でもある。「ギターインスト」にこだわりながらも、ありきたりなプレイスタイルやジャンルの概念からはあらかじめ解放され、「ichika」としてのスタイルを確立しているからこそ、その唯一無二のサウンドを求めて、世界から注目が集まっているのは間違いないだろう。

 2019年に入ると、3月にichikoroとして「Tom!!!」と「James?」という2曲の新曲を発表。ichikaと川谷に、新作『DUSK』が素晴らしかったインストバンドNabowaの景山奏も加えた3人のギタリストによるアンサンブルに、ちゃんMARI、休日課長、佐藤栄太郎というこちらも負けじと個性的なプレイヤーが音を重ね、2分半というコンパクトな尺の中に様々なアレンジを詰め込んだユニークな仕上がりとなっている。

 4月にはソロ名義で初めてボーカリストとコラボレーションをした『I』を発表。Sleepyheadの武瑠、あっこゴリラ、クラムボンの原田郁子、OKAMOTO’Sのオカモトショウ、タイトルトラックの「I」には川谷と、計5名のゲストが参加している。しかも、これまでのギターインストとは異なり、R&Bやヒップホップを通過し、歪んだギターも加えた多彩なトラックを自ら手掛け、音楽家としての新たな一面も開示。自ら歌ってはいないものの、トム・ミッシュにも通じる次世代感が感じられる手応え十分の作品だ。

 ichikoroとしての活動や、ボーカリストとのコラボなどから見えてくるのが、SNSを通じたミュージシャン同士のネットワーク。近年はInstagramへの動画投稿をきっかけにミュージシャン同士が繋がり、コラボレーションが行われることがひとつの流れになっていて、ichikoroのスタートにしても、ichikaと川谷がInstagramで繋がったのがきっかけ。昨年で言えば、アメリカの新世代ギターインストバンドPolyphiaの新作『New Levels New Devils』に、Instagramのフォロワー80万人以上で、5月にバンドでの来日を控えるギタリスト、マテウス・アサトらとともに、ichikaも参加していたのが象徴的だった。

 『関ジャム 完全燃SHOW』で川谷はichikaについて、「いずれ海外の有名なミュージシャンのトラックを作り、グラミー賞を獲るかもしれない」と語ったが、放送終了後のTwitterでichikaは、世界トップクラスの若きDJマーティン・ギャリックスからInstagramを通じて連絡が来たことを報告。ichikaはすでに日本人プロデューサーのRinzoとコラボもしているが、打ち込みのトラックメイカーが、決してプログラミングでは作り得ないミュージシャンのプレイに惹かれ、自らの音楽に取り入れようと考えることもまた、時代の必然の流れだ。先日はPerfumeのコーチェラ出演が大きな話題となったが、ichikaもまた世界に名を轟かせる可能性を持った一人だと言っていいのではないだろうか。(金子厚武)

アプリで読む