Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第56回アンタルヤ国際映画祭授賞式でトロフィーを受け取ったオダギリジョー。

オダギリジョー監督作「ある船頭の話」がトルコの映画祭で最優秀賞

ナタリー

19/11/2(土) 16:28

オダギリジョーの長編初監督作「ある船頭の話」が、第56回アンタルヤ国際映画祭コンペティション部門で最優秀作品賞を受賞。トルコ現地時間11月1日、オダギリが授賞式に出席した。

同映画祭は、トルコで初めて確立された国際映画祭。2017年に河瀬直美「光」がコンペティション部門にノミネートされ、2018年には是枝裕和「万引き家族」がコンペティション部門で日本映画として初の監督賞を受賞した。「ある船頭の話」は作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞の4部門にノミネート。日本映画初となる作品賞に輝いた。

現地時間10月29日には現地でプレミア上映が行われ、800席が早々にソールドアウト。上映後は会場から拍手が湧き、イベント終了後も作品やオダギリへの賛辞が飛び交った。そして現地時間11月1日の授賞式では、受賞結果が発表されると割れんばかりの拍手が。トロフィーを受け取ったオダギリは「アンタルヤ国際映画祭最優秀作品賞、ありがとうございます。56年の長い歴史ある映画祭で最優秀作品賞という名誉を授かることになり、大変光栄に思います」と感謝する。

さらに「この作品はわかりやすいエンタテインメント作品ではありません。商業的な目線を排した、挑戦的な作品です。それゆえに好き嫌いがハッキリと分かれると思います。でも僕にとって『映画』とはそういうものであってほしい。すべての人に愛されるよりも、一部の人に深く、えぐるように突き刺さるものであってほしいと思っています」と映画に対する考えを強調。「この作品が賞をいただくことは、そんな志を共有する若い映画人の未来にも明るい光を当てることを意味すると思っています」と受賞の喜びを伝えた。

本作は東京・新宿武蔵野館ほか全国で上映中。今後、香港アジアン映画祭、ハワイ映画祭、台北の金馬奨映画祭、イスラエルのアラヴァ国際映画祭、インドのケララ国際映画祭といった海外映画祭での上映も決定している。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

(c)2019「ある船頭の話」製作委員会

アプリで読む