Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

指原莉乃がアイドルとして成し遂げた偉業 卒コンで語ったラストメッセージから紐解く

リアルサウンド

19/5/5(日) 6:00

 女性アイドルにとって、卒業コンサートとは活動の集大成であり、これまでの功績を凝縮した門出のステージだ。4月28日、横浜スタジアムで開催された『指原莉乃 卒業コンサート ~さよなら、指原莉乃~』。2005年に始動したAKB48グループは、前田敦子、大島優子と多くのレジェンドを生んできた。「平成、超楽しかったです!!」と言い残しステージを去る指原は、平成最後にアイドル史へと刻まれる紛うことなきアイドルだった。

参考:指原莉乃を特別な存在にした2つの力 AKB48から“国民的アイドル”になった理由

 しかし、3時間半にも及ぶコンサートを観終えた後、「果たして、指原莉乃とはなんだったのか?」という、一言では形容し難い疑問が浮かんだ。王道のアイドルと賞賛する声もあれば、異端のアイドルと例えられることもある指原。時にはバラエティ番組で活躍するタレントとして、=LOVEを始めとしたプロデューサーとして、HKT48の劇場支配人として、あらゆる場面において特異な立ち位置にいる彼女は、日本の芸能界においても極めて稀な才能の持ち主だ。HKT48というグループに所属しながらも、「指原莉乃」という巨大な看板を形成していった。

 指原が卒業コンサートに選んだのは、複数披露も含めて38曲。HKT48メンバーだけでなく、AKB48グループから親交の深いメンバー、卒業生から同期の北原里英、“さしまゆ”として親友でありライバルでもあった渡辺麻友、初期HKT48を共に支えた多田愛佳らを迎え、アイドル人生の11年間を振り返っていった。Not yetのほかにも、指原莉乃ソロとしての「それでも好きだよ」を踏まえれば、どれだけ彼女がアイドルとして多岐に渡る表情を持ち合わせていたのかが見えてくる。モーニング娘。に憧れ、アイドルオタクを経て、AKB48に加入した指原。歌い踊り夢を与える王道アイドルを目指したつもりが、卒業ソング「私だってアイドル!」では〈スキャンダル 心配かけてしまった〉と歌う。しかし、そう笑い飛ばせることも、彼女の紆余曲折なアイドル人生を物語っている。

 指原を慕う松岡はなからの手紙、IZ*ONEへの専任でコンサートに参加できなかった宮脇咲良、矢吹奈子による涙ながらのVTRコメントには、彼女らにとって指原が目指すべき指針であったこと、活動する場所は違えどそれぞれの道で意志は続いていくことが示されていた。

 指原にとってHKT48とは宝物。2016年に公開されたドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』の中で、指原は「人のためにと思うようになりましたね。HKT48をどうにかすることが、私の感謝の伝え方だと思うので」とAKB48からHKT48に移籍した当時の思いを語っている。卒業コンサートの中で発表された、指原による全曲書き下ろしのHKT48劇場の新公演『いま、月は満ちる』は、ファンやメンバーに対する彼女なりの感謝の伝え方であり、恩返しだ。「一から作り上げていく公演を知らないままな子が多いのが私は悲しくて」「年に1枚のシングルしか出せないのはだめだ」というのは、プロデューサーとして、劇場支配人としての言葉。手のかかる後輩・村重杏奈にAKSからTWIN PLANETへの事務所移籍を持ちかけたのも、彼女なりの最後の優しさだ。

 『AKB48選抜総選挙』前人未到の3連覇は指原を象徴する偉業の一つだが、彼女がこれほどまでに尊敬されてきたのは、信念を曲げない言葉の力があったからだ。指原が卒業発表後、あらゆる場面でメンバーに伝え続けてきたのが「優しくて強い女性になってください」という言葉。アンコールで指原はメンバーに加え、運営陣、秋元康、ファンへの言葉も伝えていたが、それが押し付けがましいメッセージにならないのは、AKB48グループに尽力してきた功績があってこそだ。「ファン、メンバーを信じてこれからも風通しのいいHKT48でいてください」という言葉、そして終演後の記者会見で彼女が話した「本気で変えたいんだったら、すべてを1からやり直さなきゃいけないと思ってるので、私ができることは手伝いたいです」というAKB48グループの現状についての一言は、卒業後もいつだってそばにいることを強く感じさせた。

 今年3月に亡くなった内田裕也とのコラボ曲「シェキナベイベー」では、松本人志(ダウンタウン)が内田のコスプレで登場。その模様は、彼女のタレントにおける側面を映し出していた。お互いの手で作った松本とのハートマークは、スタジアム全員の笑いをかっさらっていったが、卒業コンサートの2日前、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)においてもタモリとハートマークを作っていたことを考えると、彼女がタレントとして周囲の人間から親しまれていることを思い知らされる。「これからもHKT48を応援してくれるかな?」「いいともー!」のかけ声が許されるのは、後にも先にも『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にレギュラー出演していた指原だけだろう。

 最後に、松本やタモリだけでなく、指原はメディア関係者にも愛されていた。20時30分にコンサートが終了し、指原の囲み会見が始まったのは22時を少し過ぎた頃。屋外の横浜スタジアムは冷え込み、待機しているのには過酷な環境だった。しかし、いざ会見が始まると100名はいるであろう記者陣を爆笑へと誘う。どんな言葉が飛び出そうとも、報道陣が笑顔になる会見もなかなかない。

 「私はなくって。いただいたお仕事を一生懸命やります」指原は今後の活動について、謙虚に答えた。すでに成功を収めているタレントとしての道に進むことは確実でありながらも、明言はしなかった。それはアイドルという肩書きを卒業した彼女が、改めて「指原莉乃」としての新たな一歩を踏み出した瞬間のように思えてならない。(渡辺彰浩)

アプリで読む