Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『なつぞら』で勝ち取った農協の大きな一歩 「大泉洋を背負ったつもり」森崎博之の登場も

リアルサウンド

19/8/7(水) 12:00

 十勝のみんなは農協の大きな一歩を勝ち取った。『なつぞら』(NHK総合)第111話は、農協の工場新設問題に立ち向かう人々の勇姿を描いた。なつ(広瀬すず)は組合長・田辺(宇梶剛士)にお願いされ、工場新設の同意を得るための会議を見守ることになる。もちろん坂場(中川大志)も一緒だ。そこでは反対派も存在し、議論は難航する。しかし菊介(音尾琢磨)が酪農への想いを「俺らの絞った牛乳が人に感動を与えることになったら、こったらうれしいことはない!」と語ることで、事態は大きく動き、無事満場一致を得ることができた。

【写真】森崎博之演じる大清水洋

 菊介が熱い想いを吐露することになったのは、実は坂場のある言葉がきっかけである。坂場が菊介に、“人を喜ばせること”について説いたことが、菊介の心を大きく動かし、行動に至らせたのであった。たまたまなつに連れられ十勝にいた坂場だが、坂場のまっすぐな強引さが十勝を助けることとなった。

 さらに第111話では、なつと坂場と天陽(吉沢亮)が面と向かって出会うシーンもあった。天陽はなつの様子を知り、「なっちゃん、おめでとう」となつに伝える。憧れだった相手からも祝福され、なつも前を向いて走り出せるだろう。

 満場一致の同意が得られた農協の人々は、書類を提出するために十勝支庁の市丁長である大清水洋(森崎博之)の元を訪ねる。大清水を演じた森崎は、北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS」のリーダーであり本当の道産子だ。そんな森崎演じる大清水に向かって、「それでもあんたは道産子か!」というセリフが飛ぶが、大清水は大きな声で「私だって道産子だ!」と返す。郷土愛の強いTEAM NACSにこのセリフを当てたことで、ファンは喜んだ。さらに森崎の役名の大清水洋はTEAM NACSのメンバーである大泉洋を彷彿とさせる。森崎本人が「もう一人のメンバー・大泉洋を背負ったつもりで演じました」とコメントするくらいこの語感は似ており、演出家の粋な計らいだったのではないだろうか。

 十勝の人々の新たな開拓が描かれた第111話。なつが十勝でどれほど愛され、慕われてきたかがわかる回であった。

(Nana Numoto)

アプリで読む