Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「サッポロ一番 みそ派塩派大論争 新CM披露・PR発表会」に登壇した(左から)チョコレートプラネット、竹内結子、中川翔子。

チョコプラVS中川翔子「サッポロ一番」みそ派か塩派かバトル、竹内結子困らせる

ナタリー

19/8/26(月) 13:17

本日8月26日に「サッポロ一番 みそ派塩派大論争 新CM披露・PR発表会」と題したイベントが都内にて行われ、竹内結子、チョコレートプラネット、中川翔子の3組が登壇した。

サンヨー食品株式会社のインスタントラーメン・サッポロ一番のキャンペーンが本日始動し、竹内は9月4日(水)より放送される新CMに劇団ひとり、寺田心と共に出演する。このキャンペーンの主な企画は「サッポロ一番はみそ派と塩派どちらなのか」といった論争を一般の消費者を巻き込んで展開しようというもの。そこでいずれもこのキャンペーンのアンバサダーを務めるチョコプラがみそ派、中川が塩派を代表してトークバトルを展開した。

「今日の衣装の生地にもみそを練り込んでいる」というチョコプラは、長田が「僕の内臓はみそでできている。こいつ(=松尾)は産声が『みそ』です」、松尾も「産湯もみそでした」と話すなどみそ派ぶりをアピール。対する中川も塩派ぶりを熱弁し、2組の間に挟まれた竹内を困らせ続ける。松尾と中川が大声でみそ愛と塩愛を叫び、どちらの声量が大きいかを競う企画が展開されると、松尾はまずIKKOのモノマネで「背負い投げ~」とこの企画と関係のないことを叫んで85.3デシベルという数値を叩き出す。仕切り直して「アイラブみそ!」と叫んだ松尾の声量は90.1デシベルを記録したが、これを中川の叫びが90.9デシベルと僅差で上回った。

このあと「やはり大声では決められない」という理由で、チョコプラと中川がそれぞれオススメのアレンジレシピを紹介し、竹内が試食することに。チョコプラが「食べるラー油」を乗せたみそラーメンをプレゼンしたところ、これを試食した竹内は「残暑が厳しいときも元気が出ますし、寒いときにもみそはいいってなるし、年間通してみそはおいしい!」と食レポを繰り広げ、長田は「聞きましたか皆さん! 年間通してみそ!」、松尾は「パンチラインいただきました!」と竹内のコメントに感謝。一方で中川がプレゼンする「トリュフオイル」を用いた塩ラーメンを食べた竹内は、どちらがおいしいか判定するよう求められたのだが、「本当にどちらとも決められない」とドローの判定を下してチョコプラをずっこけさせた。

アプリで読む