Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥、乃木坂46の23rdシングルの第一印象は「楽しさよりも力強さが伝わってきた」

ナタリー

19/4/26(金) 0:00

昨日4月25日に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント本社にて乃木坂46のニューシングル「Sing Out!」のマスコミ向け試聴会が行われ、本作でセンターを務める齋藤飛鳥が登壇した。

乃木坂46の通算23枚目、2019年初のシングルとして5月29日にリリースされる「Sing Out!」。齋藤はタイトル曲の第一印象を「単独でセンターをやらせていだたくのは3回目で、今までは夏曲で楽しげな曲が多かったんですけど、今回は明るい曲調ではありつつも楽しさよりも力強さみたいなものが伝わってきました」と語ったほか、クラップが取り入れられた曲調について「クラップはファンの方に一緒にやっていただきたいなと思って、ミュージックビデオでもクラップのシーンが印象的に使われています」と言及した。また彼女はレコーディングでこだわったことを聞かれ、「歌詞だけを見ると『happy』『smiles』という言葉の印象が強いので、気持ちを込めて歌ったとしてもそれが薄っぺらく聞こえたら嫌だなと思って。2コーラス目に『もし泣いている人が どこかにいても 理由なんて聞いたって意味がない』という歌詞があるんですけど、未来に向かう力強い楽曲なのにそういう歌詞があるのが個人的には好きで、そういうじめっとした部分も隠さずに伝えたほうがより明るい部分も伝わるのかなと思って歌いました」と返答した。

MVの話題になると、齋藤は撮影を振り返りつつ「監督とも振り付けのSeishiroさんとも話して、基本的には女性の力強さだったり、さわやかな印象だったり、観たあとに泣けてくるみたいな、笑顔にグッとくる状況が作れたらいいなという意識がありました」とコメント。「個人的にこのMVが好きで。幅広く共感してもらえそうな歌詞だからそっちに寄せてもよかったはずなのに、MVはすごいストラックな撮り方をしているし、映像として生々しいなと感じて、そこのギャップがすごく好きなんです。なのでダンスもあまりごまかしたくなかったし、振りやちょっとした目線の動きや手の角度など手を抜きたくなかったです」と思いを述べ、「ラストのシーンにかけては笑顔が強くなるんですけど、その笑顔もだたの笑顔ではなく、強く訴える意志があって。無理して笑顔を作っているわけではなく、ただただ踊っていて楽しくて気持ちのいい瞬間に笑顔になりました」と説明した。

さらに齋藤は「MVのお気に入りのシーンは?」という質問に「2番で私と白石(麻衣)と生田(絵梨花)が踊っていて、3人が分かれて生田だけになったところに高山(一実)が入っきたりするシーンがあって、そのときの2人の楽しそうな笑顔がこぼれた表情が観ていてほっこりします」と答え、続けて「『一人ぼっちじゃないんだよ』『仲間の声が聴こえるか?』という歌詞があるんですけど、MVの撮影中はその2つのフレーズに私と大園(桃子)は泣きそうになっていました」というエピソードを紹介。最後に「ずっとメンバーと『誰もが口ずさめるヒット曲ができたらいいね』と話していて。そういう意味で言うと今回の曲は頭に残りやすい曲だと思うし、クラップも真似しやすいだろうし、途中に英語の歌詞もあるので、欲をいえば世界中で『Sing Out!』ブームが巻き起こったらいいなという思いがありますね」と語って試聴会を締めくくった。

アプリで読む