Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

NEWS 小山慶一郎はたくさんの“好き”と出会い続ける 令和初日に35歳の誕生日迎えたラジオを聞いて

リアルサウンド

19/5/3(金) 6:00

 新元号・令和がスタートした5月1日。新しい時代の幕開けに、日本中が明るい気持ちに包まれている中、NEWSの小山慶一郎が35歳の誕生日を迎えた。

(関連:NEWS、なぜコンセプチュアルな楽曲多い? 振付担当する杉谷一隆をゲストに迎えたラジオを聞いて

 毎週火曜日深夜に放送している小山がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)は、タイミングよく5月1日に日付が変わってすぐのオンエアに。「私事ながら35歳となりました。誕生日でございます! 今日ですよ。めでたいね。令和に変わったその日に35歳! キリもいいし!」と元気よくスタート。いつもNEWSのメンバーと共にワチャワチャと賑やかなトークを繰り広げているが、前回に続いてソロトークが披露された。

〈大人になるってどういう事?/外面良くして35歳を過ぎた頃オレ達どんな顔?/かっこいい大人になれてるの?〉

 とはNEWSが歌う「weeeek」の歌詞。小山は35歳という区切りのタイミングで、この歌が思い浮かんだようで「どうなんだろうな。かっこいい大人ってなんですかね。考えるよね。でもやっぱ余裕がある人だろうなー。一歩引いて見てられる人。うん……」としみじみ。「でも別に、“わー、35になっちゃった”ってないな。いろんなものに出会えてるから」と嬉しそうに話し続ける小山。どうやら、その出会っているものとは、前回大いに盛り上がったアニメのことのようだ。

 『約束のネバーランド』が終わり、『七つの大罪』にハマっているという小山。そして、『ラブライブ!』に関してはKis-My-Ft2の宮田俊哉をゲストに招いて語り尽くしたいというほど、アニメ熱が高まっている様子。前回も大いにアニメトークで盛り上がりを見せたのだが、まだまだ語り足りないようで、「アニメの話、1回もしてない今日。いいの? 大丈夫?」とウズウズしてみせる小山も微笑ましい。何事も楽しむ少年のような心を失わないこと。それも、かっこいい大人を形作るひとつだ。

 また、35歳という年齢を受けて、小山は同年齢の友人と会うと「どういうふうに生きていくのか」という若い時とはまた違った視点で、将来の話をするようになったと話す。「そういうときに、NEWSでいられてるのはすげー幸せ。だって、ライブできるんですよ。あんな幸せな空間を味あわせてもらってるってのは、やっぱり普通の35歳じゃないなって思うよね」と、この先もNEWSとしてファンとの時間を楽しんでいきたいという思いを語った。

 手越祐也とゴルフに行けば、パターを隠されるイタズラを受けても「最後は手越好きってなった」という素直な小山。愛猫・みるくが顔をトントンと叩いて鳴く仕草に「カワイイんだもん」とメロメロな小山。そして、やっぱり話したかったアニメトークを「(アニメのお便り)外したでしょう? あんの? あるじゃん!」とゴソゴソと探し出し、「アニメの話してたら汗かいてる、俺。興奮しちゃったんだな」と笑う小山。NEWSのメンバーといるときは、まとめ役やツッコミを担当することが多いが、小山のソロトークを聞いていると、ときに危なっかしさを覚えるほど「好き」に純粋だ。

 そして「とんかつにはソース? しょうゆ?」というリスナーからの質問に、「知らんがな!」と加藤シゲアキ節を真似してみるものの、「逆にやってみようかな。食べてみなきゃわからない」と、やっぱり素直な小山。そんな彼だからこそ、たくさんの「好き」と出会い続けることができているのかもしれない。きっと彼を通じて、私たちもまた新しい「好き」を発見していくことができるのだろう。新しい時代と共に始まった、35歳の小山慶一郎の「好き」に出会う旅の行方を楽しみにしている。(文=佐藤結衣)

アプリで読む