Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

有村架純の実直さが共感を呼ぶ 『中学聖日記』のテーマは恋愛だけではない?

リアルサウンド

18/10/10(水) 14:50

 かわかみじゅんこによる同名漫画をドラマ化し、中学生とその教師が恋に落ちるという設定やテレビ初出演、初演技となる新人・岡田健史の抜擢も話題を呼んだ『中学聖日記』(TBS系)の初回が、10月9日に放送された。

 ドラマでは原作漫画とは若干異なり、より現実味のある世界観となっていた。末永聖(有村架純)は、長年の夢であった中学校教師として子星中学校に赴任する。真面目な性格で、教師という憧れの職業に意気込む聖だが、教職員のアカウントのIDとパスワードを何者にかに盗まれたり、生徒から悪戯をしかけられたりするなど、現実の厳しさに日々翻弄される。大学時代からの恋人・川合勝太郎(町田啓太)とは遠距離恋愛中で、プライペートでも仕事でも不安を抱えながら、日々を奮闘していた。

 一方、子星中学校の生徒である黒岩晶(岡田健史)は、クラスを受け持つことになった聖に惹かれ、そんな自分に焦燥感を抱えていた。晶は、聖へ反抗的な態度をとることで、なんとかその焦りをごまかしていたが、聖への思いは募るばかりだった。

 中学生と教師の恋愛という設定が話題を呼んでいた本作だが、このドラマでは中学校という舞台だからこそ光る恋愛の「淡さ」「切なさ」が、揺れるカメラワークや風景から漂ってくる。聖と晶の最初の出会いが描かれた第1話だが、物語の本筋である恋愛はもちろん、サスペンス的要素や親子のリレーションシップ、タフな現実などあらゆるテーマを今後描いていく気概を感じさせるものとなった。

 晶の母親・愛子を演じる夏川結衣の演技は魅力的で、婚約者の存在へのいらつきから聖に感情をぶつけた晶を叱咤する場面と、その後の仲直りとして晶のパンにジャムを塗るシーンは、本作での親子のあり方を提示している。

 聖が赴任する中学校の教頭役を演じる夏木マリも、夏木ならではといえる意地悪さと存在感を存分に発揮し、視聴者を震え上がらせる。また、勝太郎の上司・原口律(吉田羊)のミステリアスな存在感も光った。

 本作が初演技・初テレビ出演ということで注目を浴びていた岡田健史は、自身の恋心に焦燥感を抱く中学生という役柄にフィットし、幼なさと凛々しさを行き来する表情は見る者を自然と惹きつける存在感をアピールしていた。今後、回を重ねることでさらに新しい表情を見せてくれることを期待したい。

 有村の演技は、主演として、本作全体の切ない雰囲気を見事に作り上げている。生徒による、聖への中傷を含んだ黒板の落書きを消しながら、「教師を辞めない」「頼ってもらえる先生にいつかなる」と宣言するシーンでの演技は、中学生との恋に落ちる聖という役が、決して一時の恋にほだされるような軽い人間でも、常識を度外視するような役柄でもないことを、堂々と視聴者に示す。本作の主人公は、いたって実直で繊細で毎日を懸命に生きる女性であり、視聴者の共感も誘う存在であることを、有村は持ち前の親しみやすさで表現している。

 第1話は、晶が聖への恋心を自覚し、聖へ衝動的に告白するシーンで幕を閉じる。恋人・勝太郎からのプロポーズを喜んでいた聖が、晶の告白をどのように受け止め、2人の恋路が進んでいくのか要注目だ。また、聖の教職者としての評判を下げようと暗躍する影の存在も描かれており、今後のサスペンス的展開への期待も膨らむ初回となった。

(文=島田怜於)

■公開情報
火曜ドラマ『中学聖日記』
TBS系にて、毎週火曜22:00~23:07放送
出演:有村架純、岡田健史、町田啓太、マキタスポーツ、夏木マリ、友近、吉田羊、夏川結衣、中山咲月
原作:かわかみじゅんこ『中学聖日記』(祥伝社フィールコミックス)
脚本:金子ありさ
演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、坪井敏雄
主題歌:Uru「プロローグ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/

アプリで読む