Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

横浜F・マリノスのドキュメンタリーをソニー・ピクチャーズが製作

ナタリー

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)が、Jリーグのサッカークラブ、横浜F・マリノスのドキュメンタリーを製作することがわかった。

タイトル未定のドキュメンタリーは、横浜F・マリノス創設30周年にあたる2022年のシーズンに密着するもの。選手サイドだけではなくクラブ全体にフォーカスし、そこで働く人々の日常や思いを映し出す。2023年に公開される予定だ。

ドキュメンタリーと並行して、作品完成までの道のりをファンが楽しめるように横浜F・マリノスに関連したショートコンテンツも制作。このショートコンテンツは2022年2月より順次、横浜F・マリノスのYouTubeチャンネルおよびTRICOLORE+(トリコロールプラス)にて配信される予定だ。詳細は後日発表される。

冨田みどり(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 代表取締役)コメント

Jリーグの名門クラブである横浜F・マリノス様のクラブ創設30周年と言う記念すべきタイミングに、ドキュメンタリー作品を製作できることを嬉しく思います。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というソニーグループのPurpose(存在意義)のもと、夢と感動を与えるエンタテインメントを提供しています。本作品では、横浜F・マリノスの歴史、これから始まる2022年シーズン、そして未来に向けてクラブがどのように進んでいくか、などを描き、皆様に感動をお届けできればと思っています。2月より配信予定のショートコンテンツも含めてどうぞご期待下さい。

アプリで読む