Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「私は、マリア・カラス」ポスタービジュアル

“20世紀最高のソプラノ歌手”マリア・カラスの没後40年ドキュメンタリーが公開

ナタリー

18/9/12(水) 12:00

20世紀最高のソプラノ歌手と言われたマリア・カラスの没後40年に製作されたドキュメンタリー「Maria by Callas」が、「私は、マリア・カラス」の邦題で12月に公開される。

未完の自叙伝やプライベートな手紙、秘蔵映像や音源をもとに、葛藤する歌姫の真実の姿を浮き彫りしていく本作。監督のトム・ヴォルフは3年にわたる調査でこれらの資料を入手した。カラスが自宅でリラックスする素顔や友人たちとクルーズを楽しむ姿を収めたプライベートフィルム、熱狂的なファンが無許可で撮影したパフォーマンス映像、お蔵入りとなったテレビインタビューなど、劇中の50%以上が初公開の素材となる。YouTubeにて公開中の予告には、カラスが「2人の私がいるの。マリアとして生きるにはカラスの名は重すぎる」とインタビューに答える様子が切り取られた。

「永遠のマリア・カラス」でカラスを演じたファニー・アルダンが朗読を担当した「私は、マリア・カラス」は、東京・TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国で順次ロードショー。

(c)2017 - Elephant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinema

アプリで読む