Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

押井守の あの映画のアレ、なんだっけ?

ズバリ、『スター・ウォーズ』はお好きですか!?

月2回連載

第19回

20/2/4(火)

Q.
年末に『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観ました。賛否両論あるようですが、僕は大変楽しめました。そこで、押井さんが『スター・ウォーズ』について語っているのをあまり聞いたことがないことに気づき、こんな質問をしてみたくなりました。押井さん、ズバリ『スター・ウォーズ』はお好きなんですか!?

── 今回の質問は『スター・ウォーズ』(以下『SW』)についてです。確かに押井さんから『SW』のタイトルを聞いたことがないかもしれません。

押井 あんまり話してないのは、好きじゃないからですよ(笑)。観てないことはなくて、昔は年末年始には必ず、BSやCSでオンエアしていたから観ていたんだけど、そう言われれば最近はやってないなあ──まあ、そういうわけなので、私にとっても『SW』はお正月映画です。

── もちろん『スカイウォーカーの夜明け』は観てませんよね?

シリーズ全9作品(スピンオフを除く)の最終作として、2019年12月に公開された『スカイウォーカーの夜明け』。

押井 うん。でも、他のは観てる。スピンオフも。ハン・ソロの若い頃(『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(18))とか、若い連中が頑張る話(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16))とか。でも、どちらも小粒だった。

『SW』はキャストが弱い。俳優の身体(しんたい)に依存せずに作ったから仕方ないんですよ。彼らにキャラクター以上のことを求めなかったから役者が育たないんです。

── 確かに、役者としてその後、活躍したのはハン・ソロを演じたハリソン・フォードくらいですね。ルーク役のマーク・ハミルも、レイア役のキャリー・フィッシャーも、このシリーズしか代表作がないというか、そのキャラクターのイメージから抜け出せなかった。

『エピソード5/帝国の逆襲』での若きハン・ソロ&レイア、その35年後公開『フォースの覚醒(エピソード7)』での老夫婦なふたり

押井 最初の『SW』(『エピソード4/新たなる希望』(77))はアレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ役)がいたことで成立していた部分もある。ハリウッドの遺産を使って役者の薄さを補填したんです。『SW』は、世界の設定を語ることでドラマでありえたというSFの典型。帝国がいて、それと戦うレジスタンスがいるという設定によって成立していた。

── 『スカイウォーカーの夜明け』はちょっと変化球してますけどね。

押井 とはいえ、今のシリーズの女の子は頑張ってるよね。演技がエネルギッシュでパトス(情念、情動)を感じる。

── レイを演じているデイジー・リドリーですね。

押井 そういう名前なの? 彼女はいいですよ。でも、悪サイドは全然ダメ。あのすぐキレる子、チンピラにしか見えないって。

── それはカイロ・レンのことですか? 確かに『フォースの覚醒(エピソード7)』と『最後のジェダイ(エピソード8)』は中二病のような、すぐキレるおばか男子でしたけど、今回の彼はいいですよ。演じているのはアダム・ドライバーで、とても上手かったのでびっくりしました。

押井さんが評価するレイ役デイジー・リドリー(右)と、酷評気味のカイロ・レン役アダム・ドライバー(左)。最終作鑑賞後に押井さんの評価は変わるのか!? 写真は『フォースの覚醒(エピソード7)』から。

押井 そうなの?

質問はこちらのフォームからお寄せください!

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む